サノレックスの個人輸入通販は禁止!安い値段で購入する方法&代わりを紹介[マジンドール]

サノレックスが通販で個人輸入できない理由&代わりの商品を紹介!

サノレックスはマジンドールを有効成分にもつ肥満症の治療薬。いわゆる『食欲抑制剤』のことで、脳に働きかけて食欲を抑える効果のある薬です。

日本では唯一承認されている食欲抑制剤で、保険適用もある医薬品です。

サノレックスの錠剤(マジンドール0.5mg)

病院で診察を受ければ処方してもらえるのですが、ダイエットについて医師に相談するのは抵抗があり、ネット通販で購入したいという人は多いと思います。

ゼニカルのようなダイエット薬は、海外製品を通販で個人輸入している人が多いですよね。

ただ、サノレックスはある理由のために個人輸入が禁止されています。

このページではサノレックスの通販が禁止されている理由や、安く購入する方法を解説しています。また、ネット通販でダイエットピルを入手したい人のために代わりの商品もご紹介。

サノレックスなどのダイエットアイテムの購入を検討している人は是非参考に!

通販できる人気のダイエットピルはこちら ⇒

サノレックス(マジンドール)が個人輸入通販できない理由は『向精神薬』に該当するため

海外から医薬品を取り寄せる『薬の個人輸入』は、個人での使用に限り法律で認められています。ただ、輸入が合法な医薬品とそうでないものがあります。

個人輸入が規制されている薬物には以下のようなものがあります。

  • 向精神薬・麻薬・覚醒剤・大麻
  • 薬機法(旧薬事法)による指定薬物
  • ワシントン条約や関税法で規制されている医薬品

医薬品等の個人輸入について |厚生労働省

個人輸入が禁止されている薬物・医薬品

実は、サノレックスの有効成分であるマジンドールは『向精神薬』に指定されているため、輸入が禁止されているのです。個人での使用であっても輸入するのは違法です。

サノレックスは脳の視床下部にある食欲中枢に作用し食欲を抑える薬。覚醒剤の一種であるアンフェタミンと似た薬理作用があるため、向精神薬に指定されています。

依存性もあるとされ、服用期間も3ヶ月が限度となっています。

サノレックスの個人輸入は違法なため、輸入手続きを代行してくれる通販サイトでは取り扱っているところはないと思います。

仮に販売している通販サイトを見つけたとしても、絶対に購入しないよう注意して下さいね。

病院・診療所等における向精神薬取扱いの手引

サノレックスはオオサカ堂・Amazon・楽天などでも通販できない

海外製医薬品の個人輸入を代行してくれるサイトでは、オオサカ堂・アイドラッグストアー・ベストケンコーなどが有名です。サノレックスは海外でも販売されているのですが、これらのサイトでは当然取り扱いがありません。

他の個人輸入代行業者も調べましたが、どこのサイトもやはり販売していませんでした。

また、Amazonや楽天市場などの一般の通販サイトでもサノレックスは購入できません。

サノレックスは市販薬ではなく、医師の処方箋が必要な医薬品。ドラッグストアで販売されている一般用医薬品はAmazonや楽天でも購入できますが、処方薬は販売されていません。

向精神薬の指定外となったり、市販薬が発売されない限り、サノレックスを通販で購入できることは残念ながらありません。

サノレックスは病院やクリニックで処方してもらえる(保険適用)

サノレックスは、病院の内科や精神科、美容外科、美容皮膚科などで処方してもらえます。地元の個人医院だと処方してくれないかもしれないので、肥満外来を開設している病院や、美容系のクリニックで処方してもらうのが安心だと思います。

マジンドールの薬価

サノレックス(マジンドール)の薬価は1錠当たり188.6円。薬価は保険適用時の価格なので、保険適用の条件を満たさない場合はもっと高くなります。

参考:https://www.kegg.jp/

また、サノレックスを処方してもらうには診察料金(初診料・再診料)が必ずかかるので注意して下さい。

特に美容系のクリニックは診察料金が高いところもあるため、サノレックスを購入するには総額でいくらするのか確認しておいた方がいいでしょう。

保険適用の基準はBMI35以上

サノレックスは保険適用の薬ですが、誰でも保険が使えるわけではありません。BMI(ボディ・マス・インデックス)の数値が35以上でないと保険適用とはならず、自費診療となってしまいます。

BMIは以下の式で算出されます。

BMI = 体重 ÷ (身長×身長)

例えば、160cmで90kgだとBMIの値は35.16となり、保険適用となります。

サノレックスの保険適用の条件であるBMI35というのは、かなり肥満度が高いと思います。肥満を治療する医薬品なのでこれは仕方のないことかもしれませんね^^;

標準体型や少し太り気味の人では自費診療となってしまうことに注意して下さい。

保険適用でない人は、この後に紹介する販売価格の安いクリニックでサノレックスを購入するようオススメします。

サノレックス(マジンドール)の価格比較・最安値【クリニック】

サノレックスの取り扱いのある美容クリニックや美容外科は、ネット上で料金を公開しているところが多いです。

東京・大阪・愛知・福岡のクリニックでのサノレックスの販売価格を下記の表でまとめたので、安く購入できるクリニックを探す際に参考にして下さい。

ここで紹介しているのは自費診療での価格です。保険適用の条件を満たしている場合はもっと安くサノレックスを入手できるため、BMI35以上の人は診察時に相談するようにして下さい。

また、クリニックによっては診察料金が必要になります。

「サノレックス処方の診察料金はいくらですか?」とクリニックに行く前に電話やメールで確認した方がいいでしょう。

通販で買えるダイエットピルについては、このページ内の『サノレックスの代わりのダイエットピル・食欲抑制剤【通販可能】』で紹介しています。あわせて参考にして下さいね(^^)

東京

クリニック名 価格(28錠) 価格(1錠当たり)
ユナイテッドクリニック 池袋・新宿院など 14,000円 500円
エークリニック 銀座院 14,000円 500円
品川スキンクリニック 品川・新宿院など 14,515円 518円
湘南美容クリニック 銀座・新宿院など 15,120円 540円
明治通りクリニック 15,120円 540円
フェミークリニック 渋谷・新宿院など 18,144円 648円
共立美容外科 銀座・新宿院など 21,280円 760円
聖心美容クリニック 東京院 21,600円 771円
東京美容外科 銀座・新宿院 24,192円 864円
水の森美容外科 銀座・新宿院 30,240円 1,080円
マグノリア皮膚科クリニック 30,240円 1,080円

大阪(梅田・心斎橋など)

クリニック名 価格(28錠) 価格(1錠当たり)
ユナイテッドクリニック 梅田・なんば院 14,000円 500円
品川スキンクリニック 梅田・心斎橋院 14,515円 518円
湘南美容クリニック 梅田・心斎橋院など 15,120円 540円
きぬがさクリニック 大阪院 15,120円 540円
Wクリニック 15,120円 540円
サクラアズクリニック 心斎橋・京橋院 18,144円 648円
フェミークリニック 梅田・心斎橋院 18,144円 648円
共立美容外科 梅田・心斎橋院 21,280円 760円
聖心美容クリニック 大阪院 21,600円 771円
東京美容外科 梅田院 24,192円 864円
水の森美容外科 大阪院 30,240円 1,080円

愛知(名古屋)

クリニック名 価格(28錠) 価格(1錠当たり)
グランクリニック 12,880円 460円
ユナイテッドクリニック 名古屋院 14,000円 500円
セントラルクリニック 14,280円 510円
品川スキンクリニック 名古屋院 14,515円 518円
湘南美容クリニック 名古屋院 15,120円 540円
エースクリニック 15,120円 540円
植田西クリニック 16,800円 600円
聖心美容クリニック 名古屋院 21,600円 771円
共立美容外科 名古屋院 21,280円 760円
水の森美容外科 名古屋院 30,240円 1,080円

福岡

クリニック名 価格(28錠) 価格(1錠当たり)
ユナイテッドクリニック 福岡博多院 14,000円 500円
エルムクリニック 福岡院 14,000円 500円
博多ひのきクリニック 14,000円 500円
品川スキンクリニック 福岡院 14,515円 518円
湘南美容クリニック 福岡院 15,120円 540円
中洲女性外来 15,120円 540円
共立美容外科 福岡院 21,280円 760円
男たちの美容外科 24,192円 864円

サノレックスの代わりのダイエットピル・食欲抑制剤【通販可能】

以上、サノレックスを処方してくれるクリニックでの販売価格をまとめました。

このページの最初で説明したように、サノレックスはネット通販では購入できません。

「ダイエットのためにクリニックへ通院するのは面倒…」
「近所に処方してくれるクリニックがない」
「効果のあるダイエットピルを通販で手軽に買いたい!」

といった人もいるかと思います。

そのような人のために、ネット通販で入手できるダイエットピルを最後に紹介していきます。

いずれも非常に評価の高い商品なので、サノレックスの代わりの商品を探している人は参考にして下さいね(^^)

BBXダイエットサプリ

BBXダイエットサプリのシートと錠剤

まず私がオススメしたいのはBBXという海外製のダイエットサプリ。タイのFDA(食品安全医薬品局)から承認を受けており、一定の安全性が担保されている商品です。

科学的に有効性が検証された成分が配合されているため、国内の大手美容クリニックからもダイエット補助に推奨されています。

BBXの主な効果は『食欲抑制』『摂取カロリーカット』の2つ。

BBXに配合されたL-チロシンとL-テアニンは、ストレスホルモンの一種であるコルチゾールに働きかけ、過食を抑える効果があるとされています。医薬品であるサノレックスと比べると多少効果は弱いかもしれませんが、その分副作用のリスクも低いとのこと。

また、白インゲン豆エキスや海藻エキスなどの天然成分によって炭水化物と脂肪の吸収を阻害し、摂取カロリーの約50%をカットする効果も期待できます。

当サイトの管理人はBBXを数年使っています。減量だけでなく便秘解消にも役立つので、かなりお気に入りのアイテムですよ(*^^*)

ゼニカル・オルリファスト

ゼニカル(Xenical)とオルリファスト(Orlifast)

2番目にオススメなのがゼニカルという肥満治療薬です。オルリスタットを有効成分にもつ内服薬で、リパーゼという脂肪分解酵素の働きを抑える効果があります。

なんと、食事で摂った油分の30%をカットする効果があると言われています。

『食欲抑制剤』のサノレックスに対し、ゼニカルは『脂肪吸収抑制剤』と呼ばれています。

実際に飲んでみると分かりますが、油が便としてそのまま出るので、効いているのがものすごく分かりやすいですよ(^^)

ゼニカルは先発薬のためちょっと値段が高め。個人輸入でも1箱5,000円ほどします。

少しでも節約した人には、ジェネリック薬のオルリファストという商品がオススメです。安いサイトだと1箱3,000円ほどで購入できます。

私はゼニカルとオルリファストの両方使ったことがありますが、効果に違いはなかったです。

揚げ物やラーメンなど脂っこいものをよく食べる人に向いている商品ですね(´∀`)b!

>>オルリファストの口コミをチェックする

コントレイブ

コントレイブ(Contrave)

コントレイブ(Contrave)は、アメリカで人気ナンバーワンと言われるダイエット薬。

ナルトレキソンとブプロピオンが配合され、脳に作用し食欲を抑える効果が期待できる医薬品です。サノレックスと同じような食欲抑制剤ですね。

効能的にはコントレイブが一番サノレックスに近いのですが、値段が高いため3番目にオススメの商品としました。

日本のクリニックでコントレイブを取り扱っているところはほとんどなく、海外から個人輸入するのが一般的です。オオサカ堂のような安いサイトでもコントレイブは1本40,000円ほどします。

使っている日本人ユーザーは案外多いのですが、コスパはあまり良くありませんね。

予算が多い人なら、サノレックスの代わりとしてはコントレイブがベストだと思います。

>>コントレイブの詳細はこちら

プロザック(フルオキセチン)

最後に紹介するのは、プロザックという抗うつ薬です。有効成分であるフルオキセチンには脳内のセロトニン濃度を高める働きがあり、うつ症状を軽減する効果が期待できます。

うつ病患者や気分が落ち込みやすい人が本来は使う薬ですが、ネットでは食欲を抑える効果があるという口コミが多く、ダイエット目的で使っている人もいます。

あくまで『抗うつ薬』なのでダイエット目的で使うのはあまりオススメできませんが、選択肢の一つとして紹介しておきます。

なお、プロザックには格安のジェネリック薬があります。先発薬は値段が高いので、ジェネリックを購入している人の方が圧倒的に多いです。

>>プロザックジェネリックの詳細はこちら

BBX&オルリファストの併用がコスパ抜群でオススメ!

以上、サノレックスの代替品として通販で購入できるダイエットピルを4つ紹介しました。

個人的には、副作用の少ないBBXダイエットサプリをメインとして使い、脂っこい食事を摂る時だけオルリファストを併用するのがオススメです。

BBXで食欲とカロリーを抑え、オルリファストで脂肪分をカットするという感じですね。

BBXダイエットサプリとオルリファスト

両方とも国内のクリニックで取り扱いのある商品なので安心して使えると思います。

BBXは通販だと1ヶ月分5,000円ほどで購入でき、オルリファストは42錠が3,000円ほど。両方を毎日使っても8,000円程度です。

揚げ物などをあまり食べない人ならオルリファストは不要で、BBXだけでも十分でしょう。

サノレックスをクリニックで処方してもらうことを考えると格安ですし、ネット通販を利用すれば通院の手間もありません。

ダイエットピルを通販で入手したい人は、BBXなどを是非検討してみて下さいね(´∀`)b!

BBXを格安で購入できるサイトはこちら ⇒

まとめ

  1. サノレックス(マジンドール)は向精神薬に指定されているため個人輸入が禁止
  2. オオサカ堂やアイドラッグストアーなど大手通販サイトでは当然取り扱いなし
  3. 病院や美容系クリニックでサノレックスは処方してもらえる
  4. BMI35以上なら保険適用で安く購入できる
  5. 保険適用できない場合は、料金の安いクリニックで購入する
  6. ネット通販でダイエットピルを入手したい人には、BBXとオルリファストがオススメ