エバステル(エバスチン)ジェネリックを通販で激安購入!個人輸入と市販薬の価格比較

エバステル(エバスチン)は個人輸入通販で激安購入できます!

エバステルは、エバスチンを有効成分にもつ抗ヒスタミン薬。ヒスタミンの働きを抑え、鼻水・くしゃみ・鼻詰まりなどのアレルギー症状を抑える薬です。

エバステルの特徴は、「効果がそれなりに強く副作用がやや弱い」こと。アレグラやクラリチンでは十分な効果が得られず、アレロックやザイザルだと副作用が強すぎる人が使うことが多いようです。

エバステルは花粉症などによるアレルギー性鼻炎の他、湿疹や蕁麻疹にも適応があります。

日本では病院で処方以外に、市販薬として『エバステルAL』が販売されています。

エバステルの処方薬と市販薬

薬局(ドラッグストア)で手軽にエバステルの市販薬を買えるのは便利なのですが、値段が非常に高いのが難点。1錠180円ほどするため、毎日飲むとバカにならない金額になります^^;

少しでも安く入手したい人にオススメなのは、海外版のエバステルジェネリックを個人輸入する方法。

個人輸入と言っても通販サイトで注文するだけなので、Amazonや楽天市場で買い物するのと同じ感覚で利用できます。私のように、花粉症のために抗ヒスタミン薬を個人輸入している人はかなり多いですよ(^^)

海外製のエバステルは市販薬の1/5以下の激安価格で購入できます。少しでもコストを抑えて花粉症やアレルギー対策をしたい方は個人輸入を検討してみて下さい。

このページでは、個人輸入エバステルの価格を比較し最安値で購入できるサイトをご紹介。送料無料で格安でGETしたい方は是非参考に!

激安ジェネリックの販売サイト(クリック) ⇒

海外製エバステルのジェネリック薬はエバシル(Ebasil)が鉄板

個人輸入できるエバステルのジェネリック薬で一番人気なのは『エバシル(Ebasil)』というインド製の商品。大手通販サイトのオオサカ堂では200件以上のカスタマーレビューがある人気商品です。

有効成分エバスチンの成分量は10mg。市販薬のエバステルALの2倍含まれています。

エバシルの製造メーカーはインドのMicro Labs Limited社。1973設立の製薬会社で、現在は9,200人の従業員がいる大手企業のようです。ブルームバーグの企業情報によると、脳神経から歯科まで様々なジャンルの製品を研究開発しているとのこと。

日本の個人輸入業界ではあまり有名な会社ではありませんが、十分信頼できると思います。

個人輸入最大手のオオサカ堂では、エバスチン含有の薬はエバシルしか販売されていません。他の通販サイトでもこの商品を取り扱っていることが多いので、まずはエバシルを購入するのが安心でしょう。

エバステル(エバスチン)の通販価格比較(2018-10-18更新)

ここでは、エバステルジェネリックのエバシルの通販サイトでの価格をまとめています。最安値のサイトは下記の比較表を参考にして下さいね(^^)

送料無料やポイントの有無もまとめているので、購入の際にお役立て下さい。

Ebasil(Ebastine) 10mg 1箱100錠

通販ページ 1箱 2箱 送料無料 ポイント
オオサカ堂 ¥2,592 ¥4,220
アイドラッグストアー ¥2,520  
DTI ¥3,100 ¥3,800
お薬なび ¥3,150 ¥5,670 ×
お薬110番 ¥3,150 ¥5,670 ×
くすりゆび ¥3,200 ¥5,300 ×

オオサカ堂のエバステルが送料無料で安くてオススメ!

私がこの文章を書いている時点では、オオサカ堂が最安値でエバステルジェネリックを販売していました。

オオサカ堂は20年以上の運営実績があり、個人輸入業界では老舗のサイト。当然送料無料ですし、ポイントもつきます。カスタマーレビューも充実しており、偽物の医薬品が届くリスクはまず考えにくいでしょう。

初めて海外製の医薬品を個人輸入する方はオオサカ堂を利用するのがいいと思います。

オオサカ堂はエバシルの2箱セットも販売中。単品購入よりも1箱当たり500円(20%)ほど安くなるので、まとめ買いも検討してみて下さい(*^^*)

>>オオサカ堂のお得な2箱セットはこちら

市販薬のエバステルALと個人輸入エバスチンの通販価格比較

個人輸入エバスチンと市販薬のエバステルALの比較

エバステルジェネリックを個人輸入するメリットは何と言ってもそのコスパの良さ。市販薬の『エバステルAL』(興和株式会社)の価格と比較すると次のような結果になりました。

海外版エバステルジェネリックと市販薬の価格比較
商品名 容量 価格 1錠当りの価格
エバステルジェネリック 1箱100錠 ¥2,592 ¥26
エバステルAL(市販薬) 1箱12錠 ¥2,160 ¥180

エバステルジェネリックはオオサカ堂の販売価格、市販薬のエバステルALはAmazonの価格を比較しました。

個人輸入のエバステルジェネリックは1錠26円なのに対し市販薬は180円。5倍以上も値段が高くなっています。

しかも、有効成分エバスチンの成分量は市販薬が5mgで海外製は10mg。価格だけでなく成分量も海外製に軍配が上がります。

1錠10mgだと多いという方はカッターで分割すればいいだけです。

市販薬だと1ヶ月5,000円以上のコストなので、個人輸入の方が圧倒的に安く済みます。少しでも安くアレルギー対策をしたい方には個人輸入通販がオススメですよ(*^^*)

エバステルの効果・効き目・副作用などの特徴

エバステル(エバスチン)には抗ヒスタミン薬作用があり、アレルギーの原因物質ヒスタミンの働きを抑える効果があります。

エバステルは下記のような症状に適応があります。

エバステルの効果・効能

アレルギー性鼻炎・湿疹・皮膚炎・痒疹(ようしん)・皮膚そう痒症・蕁麻疹(じんましん)

花粉症などのアレルギー性鼻炎、皮膚の湿疹や痒みなどに効果のある薬です。

副作用は3.1%の人に認められ、下記のような症状が報告されています。

エバステルの副作用

眠気(1.7%)・口の渇き(0.4%)・倦怠感(0.3%)・胃の不快感(0.2%)など

臨床試験では3%程度の発現率なので、そこまで副作用がでやすい薬ではないと思われます。眠気も2%以下となっています。

ただし、添付文書には自動車の運転や危険作業には注意するよう記載されています。

エバステルの特徴は「効果がそれなりに強く一定の副作用がある」というもの。他の抗ヒスタミン薬と比較すると次のような位置づけです。

エバステルジェネリック(エバスチン)の効果と副作用

アレグラとアレロックの中間程度の効果の強さで、眠気もそれなりにでるといった薬です。

「アレグラやクラリチンでは効果が物足りない」「アレロックやザイザルでは眠くなりすぎる」といった人がエバステルを選択するようです。

エバステル添付文書

アレグラ・クラリチン・デザレックスジェネリックとの価格比較

アレグラ・クラリチン・デザレックスも海外製のジェネリックを個人輸入できます。エバステルと同様に市販薬や病院処方薬よりも安く購入でき、通販で購入している人も多いです。

エバステルを購入する人はそれらと迷うことが多いようなので、参考までに価格を比較してみました。

個人輸入エバステル・アレグラ・クラリチン・デザレックスジェネリックの比較
海外版エバステル・アレグラ・クラリチン・デザレックスの価格比較
商品名 容量 価格 1日当りの価格
エバステルジェネリック 1箱100錠 ¥2,592 ¥26
アレグラジェネリック 1箱20錠 ¥1,158 ¥116
クラリチンジェネリック 1箱100錠 ¥2,121 ¥21
デザレックスジェネリック 1箱100錠 ¥2,692 ¥27

全商品を販売しているオオサカ堂の販売価格で、アレグラは『フェクサディン』、クラリチンは『ロリータ』、デザレックスは『デズゾライド』というジェネリック薬の価格です。

1日当たりの価格を比べると、クラリチン < エバステル < デザレックス < アレグラという結果に。クラリチンジェネリックが最安値で、エバステルはデザレックスよりほんの少しだけ安く販売されていました。

コスパで選ぶなら、エバステル・クラリチン・デザレックスのいずれかがオススメです。

アレグラは1日2回の服用ということもあってコストが高くなってしまいますが、オオサカ堂ではお得な3箱セットを販売しています。少しでも安くアレグラを購入したい人はまとめ買いした方がいいと思います。

エバステル以外のアレルギー薬の個人輸入については下記ページを参考にして下さいm(_ _)m

アレグラジェネリックの通販価格比較(フェキソフェナジン)
クラリチンジェネリックの通販価格比較(ロラタジン)
デザレックスジェネリックの通販価格比較(デスロラタジン)
ザイザルジェネリックの通販価格比較(レボセチリジン)
アレロックジェネリックの通販価格比較(オロパタジン)
ジルテックジェネリックの通販価格比較(セチリジン)

エバスチンの飲み方・服用方法

成人の場合、エバステル(エバスチン)は1日1錠、1回5~10mg服用します。1回の服用量は年齢や症状によって増減して下さい。

海外製ジェネリックのエバステルは1錠に有効成分が10mg含まれています。10mgだと効き過ぎるという人はピルカッターやハサミで2分割にするといいでしょう。

エバステルと飲み合わせの悪い薬は、抗生物質のエリスロマイシンとリファンピシン、抗真菌剤のイトラコナゾールとなっています。エバステルとこれらの薬の併用には注意して下さい。

エバステルの効果発現時間は4~6時間効果の持続時間は24時間程度(血中濃度半減期は約18時間)だとされています。他の抗ヒスタミン薬と比較すると、効果の発現までの時間が少し長いものの、約1日効果が持続するという特徴があります。

花粉症で朝起きると鼻水やくしゃみが酷いという方は、就寝前にエバステルを飲むのがいいかもしれませんね。

アレグラは1日2回飲む必要があるため、エバステルの方が服用が楽だと思いますよ(^^)

妊娠や授乳中の女性、大きな副作用がでた方は医師・薬剤師に相談するようにして下さい。

くすりのしおり

個人輸入エバスチンの口コミ評判(オオサカ堂)

最後に、海外製のエバステルジェネリックであるエバシルの口コミ評判についてご紹介。

個人輸入大手のオオサカ堂は利用者が多いだけあって、エバシルに200件以上ものレビューが投稿されています。5点満点中4.5点の高評価で、多くの方が効果をしっかり実感している模様です。

オオサカ堂の口コミを要約していくつか紹介しますね(^o^)/

1日1回夜に飲むだけで飲み忘れがなく自分には合っています。錠剤が柔らかく半分に分割しやすいです。

以前購入したアレグラジェネリックはだめでしたが、エバステルはしっかり効果がありました。

アレジオンと変わらず花粉症に効果がありました。

クラリチンジェネリックと同様に効果があり、私の場合はアレグラより効きました。1日1回の服用や価格などメリットがたくさんありますね。

夜1錠飲むと次の日もしっかり効果があります。値段が安く継続しやすいです。

穏やかな効き目で、私の場合はザイザルの方が効きました。その反面、副作用は小さく、ほとんど気にならない程度でした。

ジルテックからエバステルへの乗り換えです。効果は弱めとのことですが、アトピーにはこちらの方が効くように感じます。ジルテックほど眠くならなず助かります。

以前オオサカ堂で購入したアレグラジェネリックより眠くなりにくいように感じます。花粉症による鼻水や目の痒みが緩和されました。

皮膚の痒みを抑えるために購入。ザイザルは私にはあまり合わなかったのですが、エバスチンは体質に合っているようです。

花粉症で抗アレルギー薬を十数年飲んでいます。エバステルは眠気がでにくく、1日1錠でいいので使いやすいです。

こちらの商品は、日本の病院処方薬となんら遜色ないと思います。

市販薬が高いのでこちらを購入。エバシルの効果は市販薬と違いはなく、副作用も特に感じません。

オオサカ堂のエバステルの効果は特に問題ないようで、病院処方薬や市販薬と遜色ないという口コミもありました。

他の薬との比較では個人差が結構あるようです。アレグラやクラリチンからエバステルに変えた人が多く、こちらの方が効くという人もいれば、そうでない人もいました。

オオサカ堂の商品はどれも安いので、自分に合ったものを探してみて下さいね(^^)

オオサカ堂の最新レビューはこちら(クリック) ⇒

エバスチンはこんな人にオススメです

エバステルは中程度の効果で、持続時間の長い抗ヒスタミン薬。アレグラやクラリチンではアレルギー症状をしっかり抑えきれない人にエバステルはオススメです。

日本ではアレグラを服用している人が多いですが、1日2回の服用で少し面倒。

エバステルは1日1回飲むだけでよく食前食後など服用のタイミングも決まっていません。飲み忘れが多い人は、エバステルの方が楽だと思います。

個人輸入だとアレグラジェネリックよりずっと安いのもメリットですね。

また、アレロックやザイザルだと眠気がでやすい人もエバステルを試してみてもいいかもしれません。エバステルもある程度副作用があるのですが、強力な抗ヒスタミン薬と比べると軽度だとされています。

「眠くなるのは困るけど、それなりに強力な効果が欲しい」という人に適した薬と言えるのではないでしょうか(^^)

まとめ

  1. エバステル(有効成分エバスチン)は通販で個人輸入できる
  2. エバステルというインド製のジェネリック薬が格安で一番人気
  3. 市販薬と比べると1/5以下の価格でコスパ抜群
  4. エバステルは効果・副作用ともに中程度の薬
  5. アレグラと比較すると効果が強く、1日1回の服用で済む
  6. 個人輸入大手のオオサカ堂のレビューでは評価が高く多くの人が効果を報告