【最安値】クロミッドジェネリックの通販価格比較!ステロイドのケア剤に個人輸入で激安購入

クロミッドはアナボリックステロイドのPCTに必須のケア剤

クロミッドは、有効成分にクエン酸クロミフェンをもつ医薬品。排卵障害による不妊症の治療のために使われる薬です。

本来は排卵誘発剤として使用されのですが、アナボリックステロイド(筋肉増強剤)の副作用対策のケア剤として海外製品を個人輸入している男性も多いです。

オキシメトロンやメタンジエノンなどのステロイドを使うと、テストステロンの生成能力が低下し、睾丸萎縮などの副作用が起こります。自然回復には時間がかかり、テストステロン値を早く戻すためクロミッドが使われます。

私は『オキシポロン(オキシメトロン)』という経口ステロイドを使っていて、PCT(Post Cycle Therapy:回復サイクル)にはクロミッドを必ず使うようにしています。

オキシポロンの錠剤

このページでは、個人輸入できる海外製クロミッドをまとめ、最安値で購入できる通販サイトをご紹介。クロミッドの効果や副作用、正しい飲み方などについても解説しています。

できるだけ安くクロミッドを通販したい人は是非参考に!

クロミッドジェネリックはKlomen(クロメン)が個人輸入代行で人気!

個人輸入できる海外製クロミッドはいくつかあるのですが、一番人気はKlomen(クロメン)というトルコ製のジェネリック薬。

1箱2,000円前後で購入でき、個人輸入できるクロミッドの中では最安値の商品です。

トルコ製のクロミッドジェネリック・Klomen(クロメン)

クロメンの製薬会社はトルコのKocak Farma社。1971年設立の老舗企業で、500種類以上の製品を研究開発し、約1200名もの従業員を雇用しているとのこと。

心臓・腫瘍・胸部疾患・泌尿器など様々なジャンルの医薬品を製造し、ヨーロッパ・アジア・オセアニアなど世界各国に輸出しています。

トルコの大手製薬会社のようなので、クロミッドのジェネリック薬の品質について心配する必要はないようですね(^^)

クロメンはクロミッド先発薬『Clomid』より激安購入できる

個人輸入できる海外製クロミッドの先発薬とジェネリック薬

クロミッドの先発薬も個人輸入できるのですが、値段が高いのが難点。

個人輸入代行大手の『オオサカ堂』ではClomid(クロミド)というイタリア製の先発薬も販売しています。ジェネリック薬のクロメンとの価格を比較してみますね。

KlomenとClomidの価格比較(オオサカ堂)
Klomen
(ジェネリック)
Clomid
(先発薬)
価格 1,627円 2,750円
価格(1錠) 163円 275円
容量 10錠 10錠
成分量 50mg 50mg
製造国 トルコ イタリア

両方とも1箱10錠入りで、ジェネリックの方が1,000円ほど安く販売されています。1錠当たり約100円の価格差です。

アナボリックステロイドの回復サイクルは4週間ほど設けている人が多く、ジェネリックなら1ヶ月分で3,000円もコストを抑えることが可能です。

ジェネリック薬のクロメンは先発薬と成分量が同じです。効果に違いはないはずなので、ジェネリックの方で十分だと思います。

ステロイドのケア剤としてノルバデックス・シリマリン・フィナステリドなども使うとバカにならない金額になりますよね…^^;

私のように少しでもコストを抑えたい人は、ジェネリックをオススメします。

クロミッドジェネリックの通販価格比較・最安値 (2018-07-20更新)

クロミッドのジェネリック薬・クロメンを販売している通販サイトの価格を下記の表でまとめました。最安値で購入できるサイトを探す時の参考にして下さいね。

価格は毎日調査していますが、更新のタイミングによっては最新価格と異なることがあります。購入の際は各サイトで直接確認するようお願いします。

ほとんどの通販サイトは割安な3箱セットを販売しています。

クロミッドジェネリックは1箱10錠入りなので、約1ヶ月分となる3箱セットを購入するのがオススメですよ(*^^*)

Klomen 50mg 1箱10錠

※オオサカ堂で複数注文すると2ドル割引

通販ページ 1箱 2箱 3箱 送料無料 ポイント
オオサカ堂 ¥1,627 ¥2,395 ¥3,163
お薬なび ¥1,890 ¥3,400 ¥4,530 ×
H&B Store ¥1,980 ¥2,980 ¥3,900
くすりゆび ¥2,000 ¥2,900   ×
TOP ¥2,100 ¥3,000 ¥3,900
E-TEN ¥2,100 ¥3,200 ¥4,300
東京銀座堂 ¥2,500 ¥4,500 ¥6,500 ×
スマイリードラッグ ¥2,660 ¥3,130 ¥3,850

オオサカ堂なら最安値&送料無料で購入できます

オオサカ堂のロゴ

私がこの文章を書いている時点では、オオサカ堂が最安値でクロミッドジェネリックを販売していました。

オオサカ堂は個人輸入業界では最大手で、20年以上運営している老舗サイト。オキシメトロン・メタンジエノン・オキサンドロロンなどを安く販売しているので、利用しているステロイドユーザーは多いと思います。

オオサカ堂は値段が安いだけでなく、発送が早いのも特徴。シンガポール発送のクロミッドジェネリックなら、1週間ほどで届くはずです。

もちろん、郵便局留めでの受け取りも可能です。

販売ページを見てもらうと分かるように、クロミッドジェネリックには500件以上ものレビューが投稿されています。

これほど多くの人が購入しているなら、偽物の心配をする必要はまずないでしょう!

ちなみに、当サイトの管理人はステロイドやケア剤は全てオオサカ堂で購入しています。

今はオキシポロン(オキシメトロン)をメインで使っていて、そのケア剤としてクロミッドは欠かせません。

クロミッドはAmazon・楽天で通販できる?

クロミッドをAmazonや楽天、Yahooショッピングなどから通販したい人は多いと思いますが、残念ながらそれはできません。

クロミッドは医療用医薬品です。通販や薬局で購入できる一般用医薬品ではありません。

試しに、「クロミッド」や「クエン酸クロミフェン」というワードでAmazonで検索してもクロミッドはでてきません。サプリメントや不妊治療の本が表示されるだけです。

クロミッドはAmazonの通販では購入できない

日本製クロミッドを入手するには医師に処方箋をだしてもらう必要がありますが、本来は女性の不妊治療のために使われる薬。『アナボリックステロイドのケア剤』として処方してくれる医師はいないはずです。

クロミッドを入手するには、オオサカ堂などから個人輸入するのが一番簡単だと思います。

もちろん、個人輸入の場合は処方箋なしで購入できます。

クロミッド(クエン酸クロミフェン)の効果と作用機序

ここからは、クロミッドの効果について解説していきますね。

作用機序について解説する前に、なぜアナボリックステロイドのケア剤としてクロミッドが必要なのか簡単に書いておきます。

アナボリックステロイドは男性ホルモン(テストステロン)に類似した物質で、タンパク質が筋肉に変換されるのを促す作用があります。筋肉増強作用がある一方、外部から男性ホルモンを人工的に取り入れることで、男性ホルモンを自発的に生成する能力が低下していきます。

つまり、「男性ホルモンが十分あるなら、自分でつくる必要はないな」と体が認識してしまうワケですね。

体内で生成される男性ホルモンが減ると、筋肉が付きにくくなるどころか、生殖機能などにも影響がでることに…

そこで、必要になるのがクロミッド(クエン酸クロミフェン)です。

ステロイドの摂取で男性ホルモンが低下した人にクロミッドを投与すると、短期間でテストステロン値が改善することが分かっているのです。

テストステロン(男性ホルモン)を回復

クロミッドは脳の視床下部に働きかける薬です。クロミッドが投与されると女性ホルモン(エストロゲン)が不足していると脳が認識し、卵胞刺激ホルモン(FSH)黄体形成ホルモン(LH)の分泌が促進されます。

この作用によって女性の場合は排卵が誘発されるため、不妊治療に使われます。

実はクロミッドは男性にも効果があり、精巣が活性化しテストステロンの生成が促進されることが分かっています。

性腺機能低下症やEDの男性を対象とした研究では、4ヶ月間のクロミッド投与で2倍ほど遊離テストステロンが増加したと報告されています。

https://www.nature.com/articles/3900981

クロミッド(クエン酸クロミフェン)4ヶ月投与でテストステロン値が改善

ホルモンクラッシュの症状が回復

また、オキシメトロン(アナドロール)の過剰摂取でホルモンバランスが崩れた男性がクロミッドで劇的に回復した症例も報告されています。

被験者は29歳のボディビルダーの男性で、8ヶ月間アナボリックステロイドを使用していました。1週間に560mgのオキシメトロンと、1,500~1,800mgのテストステロンを交互に摂取していたとのこと。

ステロイドを過剰摂取した結果、ホルモンバランスが狂ってしまい(ホルモンクラッシュ)、男性機能が大幅に低下してしまいました(ED・リビドーの低下)。

その治療として、クロミッドを投与したところ、たったの1ヶ月間で遊離テストステロンの値が3倍ほどに回復。卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンも増加しました。

数ヶ月に及ぶステロイドサイクルの後でも、クロミッドによりホルモンバランスが急激に元に戻ったという症例ですね。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1022657/

クロミッド投与でホルモンクラッシュから改善した症例データ

女性の場合は排卵障害による不妊症のために処方

クロミッドは男性のテストステロン値を改善する効果がありますが、本来は不妊症女性の排卵を誘発する目的で処方される薬です。

排卵に障害があったり、排卵が不安定だったりすると、妊娠しにくくなります。そのような女性の排卵を誘発するためにクロミッドは使われ、誘発効果は60~70%だとされています。

アナボリックステロイドのケア剤としてクロミッドを使う場合は関係のない話ですが、日本では排卵誘発剤としてのみ認可されているということは理解しておいた方がいいでしょう。

なお、女性がステロイドのケア剤としてクロミッドを使えるかどうかは判断が難しいので、専門医に確認するようにして下さい。

クロミッドに危険な副作用はある?

クロミッドは日本では女性の排卵誘発剤として承認されているため、男性が服用した時の副作用については詳細に研究されていないようです。

添付文書には、重大な副作用として卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が挙げられています。OHSSとは、排卵誘発剤による刺激などで卵巣が膨れ、腹部や胸部に水が貯まる症状のことです。

女性特有の副作用なので、男性には関係ないと思われます。

その他のクロミッドの副作用としては以下のようなものがあります。

クロミッドの副作用

虚血性視神経症・発疹・肝臓の数値の悪化(AST・ALT・γ-GTP上昇)・霧視・頭痛・嘔吐・悪心・食欲不振・口渇・疲労感・顔面紅潮・尿量増加など

なお、アメリカで実施された200人以上の男性を対象とした研究では、4ヶ月間に渡る週3回のクロミッド(クエン酸クロミフェン)投与で特に副作用はなかったと報告されています。

日本では正式な臨床試験は行われていないようですが、男性がクロミッドを服用しても大きな副作用はないのかもしれませんね。

もしクロミッドで体調に異変を感じたら服用を中止し、専門家に相談するようにして下さい。

クロミッド錠の添付文書

クロミッドの飲み方・服用量

クロミッドを不妊治療のための排卵誘発剤として使う場合は、1日50mg(1錠)を5日間の服用で開始し(第1クール)、効果がない場合は1日100mg(2錠)に増量して5日間服用します。

アナボリックステロイドのケア剤としては承認されていないため、正式な服用方法というのは特にありません。

ネット見ると、1日1錠(50mg)を2~4週間服用している人が多いです。ステロイドサイクルの終盤から回復期間(PCT)の間、もしくはPCTに入ってから服用する人が多いです。

1日3錠から開始して、2錠、1錠と徐々に服用量を減らしている人も見かけますが、初めてクロミッドを服用する場合は1錠から開始した方が無難です。いきなり3錠だと副作用が強くでる可能性がありますからね。

先ほど紹介した、性腺機能低下症やED治療への効果を検証したアメリカの研究では、4ヶ月間に渡って週3回(月・水・金)クロミッドを投与したとのこと。週3回でもテストステロン値は十分改善するので、あまり過剰摂取する必要はないと思います。

どれくらいの期間飲む必要がある?

クロミッドの服用期間は2~4週間にしている人が多いようです。

ネットの口コミでは1週間で男性機能(睾丸のサイズなど)が回復したという人もいるので、アナボリックステロイドの服用量などに応じて調整すればいいでしょう。

私は1日1錠(50mg)を4週間という標準的な飲み方をしています。

飲み併せの悪い薬

クロミッドの添付文書には併用注意の薬は特に記載されていません。

ただし、肝障害・肝疾患の患者への投与は禁忌となっているので、肝臓関係の薬を飲んでいる人は専門家に相談した方がいいでしょう。

アナボリックステロイドの肝臓保護対策に使われるシリマリンなどとの併用は問題ないと思われます。

くすりのしおり(クロミッド錠50mg)

クロミッドジェネリック・クロメンの口コミ評判まとめ(オオサカ堂)

最後に、このページで紹介したクロミッドのジェネリック薬、クロメン(Klomen)の口コミや評判について紹介します。

個人輸入大手のオオサカ堂ではクロミッドジェネリックは大人気の商品で、500件以上ものレビューが投稿されています。大半の人はステロイドのケア剤として使っているので、非常に参考になる口コミです。

オオサカ堂のレビューをいくつか紹介していきますね(^o^)/

ステロイドサイクルのケア剤として使用。クロミッドがないとステロイドサイクルは絶対に組めず、安心してトレーニングできています。

ステロイドの回復サイクルに使用。服用10日ほどで朝立ちが復活します。

アナボリックステロイドで睾丸が萎縮しましたが、クロミッドを服用すると大きくなっていくのが実感。すばらしい効果です。

ステロイドの回復サイクルに使うと、精液の量と睾丸萎縮が2週間ほどで戻ります。

回復サイクルに4週間服用しました。副作用は特に感じませんでした。

オキシメトロンのサイクル終了後に4週間服用しています。特に体調の変化もなく、効果はあると思います。

アナボリックステロイドのサイクル後に1週間服用すると、男性機能は完全回復します。

オキシメトロンのケア剤として使用。5週間のステロイドサイクルの後に2箱(20錠)使用。ケチらず3箱買っておいた方が安心ですね。

回復サイクル1週目は1日2錠、それ以降は1日1錠服用しています。

オキシメトロンを50日摂取後、1日空けて1錠ずつクロミッドを使いリカバリしています。

クロミッドを使って睾丸萎縮・精液減少などが改善し、ホルモンバランスが正常になったとの口コミが多かったです。やはり男性ホルモンを急速に回復させるためには必須ですね(^^)

服用期間は人によって違い、1週間で十分という人もいれば、4週間飲むという人もいました。

使っているステロイドの種類や個人差によると思うので、とりあえずは1日1錠2週間を目安に試すのが無難だと思います。

クロミッドジェネリックは1箱10錠入りなので、初めて使う場合は3箱(30錠)以上買っておくと安心です。

>>オオサカ堂の最新レビューはこちらをチェック!

まとめ

  1. クロミッドは排卵誘発剤として承認されている薬
  2. 個人輸入している人の多くはステロイドのケア剤として使用
  3. 海外製品ではトルコ製のジェネリック薬(Klomen)が安くて一番人気
  4. 1箱10錠しか入っていないので、3箱買っておくと安心
  5. クロミッドにはテストステロンの自己生成能力を回復する効果がある
  6. 服用期間は1日1錠を2~4週間にしている人が多い
  7. ネットの口コミでは多くの人が男性機能が回復したと報告

クロミッド以外にもステロイドにはケア剤が必要です。個人輸入で格安購入できる商品を知りたい人は、こちらのページも併せて参考にして下さいm(_ _)m

[バイタルミー]シリマリンサプリの効果を口コミレビュー!ステロイド(筋トレ)におすすめ【通販最安値】
【激安】フィナロイド通販価格比較!フィンペシアと効果は同じ?