プロペシアジェネリックの通販価格比較まとめ 最安値はファイザー?

プロペシアジェネリックの種類  ファイザーと個人輸入

プロペシアは日本国内ではMSD(旧万有製薬)より2005年から販売されており、特許の関係から長らく正規品のジェネリック医薬品は販売されていませんでした。

2015年になってようやくファイザー製薬からプロペシアジェネリック(フィナステリド錠)が発売され、プロペシア愛用者にとっては嬉しいニュースとなりましたね。

ただ、ファイザーのジェネリックは価格があまり安くないとの批判もあるようなので、個人輸入通販で購入できるプロペシアジェネリックと比較をしてみたいと思います。

海外(主にインド)で販売されているプロペシアジェネリックには、フィンペシア・フィナバルド・フィナロ・エフペシアなどがあります。

フィンペシアは特に有名で、日本で最も服用されているプロペシアジェネリックでしょう。当サイトの管理人も長年愛飲しており効果を実感しています。

ファイザー製とこれらの違いはほとんどなく、コーティング剤などが異なるだけで主成分のフィナステリドの含有量は1mgと同じです。ファイザーは1錠当り0.2mgの商品も販売していますが、個人輸入のジェネリックもカッターで分割すれば同じように成分量を調整できます。

このページでは、これら個人輸入可能なプロペシアジェネリックとファイザー製ではどちらが安いのかを比較していきます。

プロペシアジェネリックの種類と価格

MSDの「プロペシア錠1mg」とファイザーの「フィナステリド錠1mg」、それに個人輸入できるプロペシアジェネリックの価格について下の表にまとめました。

MSD製プロペシアやファイザー製ジェネリックは基本28錠セット、個人輸入ジェネリックは基本的に100錠セットで購入できます。そのため、比較する値段は1錠当りにしています。

個人輸入ジェネリックについては、有名通販サイトのオオサカ堂の価格を使用しています。

商品名 メーカー 価格(1錠当り)
プロペシア MSD 230円~290円
プロペシアジェネリック ファイザー 210円~270円
フィナステリド錠「サワイ」 沢井製薬 180円~200円
フィンペシア Cipla(インド) 31円
フィナバルド East West Pharma(インド) 30円
フィナロ Intas Pharmaceuticals(インド) 24円
エフペシア Cipla(インド) 現在販売停止

※2016年に発売された沢井製薬のフィナステリド錠「サワイ」の価格を追加しました。
※クラシエ薬品のフィナステリド錠「クラシエ」、東和薬品のフィナステリド錠「トーワ」(0.2mg・1mg)については、現在のところ価格を公表しているクリニックや病院はありませんでした。

このように価格を比較すれば一目瞭然ですね。

プロペシアとファイザー製ジェネリックは実はほとんど値段が変わりません。

プロペシアは1ヶ月6,500~8,000円なのに対し、ファイザー製は6,000~7,500円程度なので、500円ぐらいの差額しかありません。

ジェネリックといってもこれでは全然お得な感じがしないですね・・・

しかも、プロペシアの価格をネットで公開している都市部のクリニックは相当安売りしています。お近くの病院ではもっと高額なところが多いでしょう。

一方、個人輸入通販で購入できるプロペシアジェネリックは異常に安いことが分かると思います。1錠あたり30円、1ヶ月900円ほどです。

フィンペシアよりフィナロの方が値段は安いですが、長年の実績のためフィンペシアが現在でも一番人気ですね。

病院やAGAクリニックでプロペシアを処方してもらう場合は診察料や初診料もかかるので、実際はもう少し個人輸入の方がお得です。送料もほとんどの通販サイトでは無料です。

以上のように、できるだけ安い価格でフィナステリド育毛剤を使いたい場合は個人輸入が断然おすすめです。個人輸入でたまに報告される偽物が不安な場合は病院でプロペシアを処方してもらった方が良いでしょう。

プロペシアジェネリックの通販は、ネットで一番評判が良く成分鑑定も実施しているオオサカ堂がおすすめです。

表のフィンペシアなどのリンク先ページでは、個人輸入通販サイトの価格比較をしています。さらに安く購入したい場合は是非チェックしてくださいね。

プロペシアについて以下のページも参考にしてください。
プロペシア通販の値段比較(最安値)
プロペシアによる育毛の仕組み
プロペシアの効果
プロペシアの副作用
プロペシアの服用方法