プロペシアは成人男性の90%以上の薄毛を改善

プロペシア(1mg)の服用で、1年後には58%、2年個には68%、3年後には78%の男性に薄毛改善の効果があったことが報告されています。

また、現状維持も含めると、98%の男性が3年間薄毛の進行が認められませんでした。

5年間とさらに長期間でみても90%の男性が改善または現状維持をしていました。プロペシアは、髪の毛を増を増やすだけではなく、髪の毛を太くする効果もあるといわれています。

これらのデータから分かるように、プロペシアで多くの男性は薄毛を防ぐことができるのです。

ちなみに、男性型脱毛症(AGA)以外の円形脱毛症などにはプロペシアは効果はありませんので、自分がどの脱毛症か分からない場合は病院で検査してもらいましょう。

参考:MSDのWebサイト(http://propecia.jp/secure/index.html)

プロペシアは医学的に最も有効な治療法

このようなプロペシアの効果から、現代の薄毛治療ではまずプロペシアを服用して薄毛の進行を止め、発毛効果の高いミノキシジルの育毛剤を使うのが主流となっています。

プロペシアやミノキシジル育毛剤は、アメリカ食品医薬品局(FDA)が認めた育毛製品であり、医学的に最も効果の期待できる薄毛治療方法だといえるでしょう。

最低でも6ヶ月間は飲み続けよう

プロペシアは風邪薬のようにすぐに効く薬ではありません。1回飲んだからといってふさふさになる夢のような薬ではありません。

長期間にわたって飲み続けることで、男性ホルモンの代謝を変化させ、髪の毛が元気に育てる体質にする薬です。最低でも6ヶ月間は服用し、気長に効果が現れるのを待ちましょう。

最初の1ヶ月間など使用開始時は、初期脱毛という髪が抜けやすくなる症状がネットなどで報告されていますが、すぐやめてはプロペシアの効果を判断することができません。

そのような髪が抜けやすい最初の期間は、髪の成長サイクルを正常にするためだと考えられているようです。

プロペシアの飲み始めに髪が抜けると不安になりますが、焦らずじっくり効果がでるのを待ちましょう。

使用中止すると効果は切れる

プロペシアで薄毛が改善したからといって使用を止めてしまうと元に戻ってしまうと言われています。

プロペシアは薄毛にする男性ホルモンの働きを抑える薬ですので、使用中止すると元のホルモンバランスに戻ってしまい薄毛が進行します。育毛効果を維持したい場合は服用し続ける必要があります。

個人輸入でプロペシアやジェネリックを購入すれば、病院より安く薬を使えるので経済的なずいぶん減ります。

長期間に渡って薄毛治療を続けるにはやはりコストも大事ですよね(^o^)

テレビ番組でも紹介されたプロペシア

プロペシアを紹介するテレビ番組が以前放送され、その動画がYouTubeにありましたので一度御覧ください。非常に分かりやすく専門医が解説しています。

動画では、専門医の方が「4人に一人は激変し、4人に2人はちょっと良くなったくらい、4人に1人は効果なし」と解説されています。

また、薄毛になってからできるだけ早くプロペシアを飲んだほうが効果があると言っています。

やはり薄毛が進行しすぎるとプロペシアだけでは厳しく、高濃度のミノキシジル育毛剤などを使う必要がでてきます。



プロペシアについて以下のページも参考にしてください。
プロペシア通販の値段比較(最安値)
プロペシアによる育毛の仕組み
プロペシアの副作用
プロペシアの服用方法
フィンペシアはプロペシアのジェネリック
プロペシアジェネリックの通販価格比較まとめ 最安値はファイザー?