プロペシアとは

プロペシアは『飲む育毛剤』と呼ばれているように、錠剤として服用することで薄毛を治療できます。悪玉男性ホルモンの髪の毛への影響を防ぐことにより、弱々しく細くなった髪を太くたくましくしてくれる薬です

プロペシアはアメリカ食品医薬品局(FDA)という食べ物や薬の販売許可や安全性などを調べる機関が認めた育毛剤です。

つまり、医学的に発毛効果が認められた薄毛治療薬ということですね。

日本では、2005年12月に万有製薬(現MSD)から発売され、世界では60カ国以上で承認されています。現在では薄毛治療には欠かせない薬となっています。

プロペシアの価格は病院だと1ヶ月10,000円ほどしますが、通販で個人輸入をすると5,000円ほどで購入することも可能です。

価格が安いため、個人輸入通販サイトを利用してプロペシアやジェネリックのフィンペシアを購入する人が増えてきており、当サイトの管理人も長年通販で購入しています。

プロペシアによる育毛のしくみ

成人男性の薄毛(AGA)は、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉男性ホルモン(薄毛に悩む男性にとって悪玉という意味ですが)が毛根に働きかけて発症します。

その憎きDHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンに5α-還元酵素という物質が働きかけることで生まれます。

プロペシアの主成分であるフィステリドはその還元酵素を阻害しDHTの髪の毛への働きを弱めることでヘアサイクルを正常にして薄毛を改善します。

プロペシアは日本皮膚科学会推奨

2010年4月に発表された日本皮膚科学会のAGA治療のガイドラインによりますと、プロペシアとミノキシジル製品が5段階評価の中でAを獲得し、現在のところ医学的に最も推奨される治療法だとされました。

  評価 治療方法
A 強く勧められる フィナステリドの内服(製品名:プロペシア、フィンペシアなど)、ミノキシジルの外用(製品名:リアップ、ロゲインなど)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮してもよいが、十分な根拠がない 育毛剤成分(t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケタコナール)
C2 根拠がないので勧められない セファランチン(飲み薬の1種)
D 行われないよう勧められる 人工毛植毛

フィナステリドとは、プロペシアの主成分です。プロペシアに含まれているフィナステリドの量には0.2mgと1mgがありますが、1mgの方が標準として使用されています。

ちなみに、評価C1には薬局で買えるサクセスやバイタルチャージなどがあり、専門家からみた効果は残念ながらさほど無いようです。

このガイドラインをみると、現代の薄毛治療・予防にはプロペシアとミノキシジルは必要不可欠なようです。

しかし、両方とも長期間にわたって使用しなければならなく、使うのをやめてしまうと効果が無くなってしまいます。

そこで、経済的負担を減らすために個人輸入で海外プロペシアを購入する人がすごく増えてきています。私のような薄毛で悩む男性にとっては本当に助かります(*^^*)

プロペシアの通販での価格については次のページを参考にしてくださいね。
プロペシア通販の値段比較(最安値)
フィンペシア通販の値段比較(最安値)
プロペシアジェネリックの通販価格比較まとめ 最安値はファイザー?

プロペシアやジェネリックについての詳細は次のページからどうぞm(_ _)m

プロペシアの解説

プロペシアの効果
プロペシアの副作用
プロペシアの服用方法
プロペシアをやめたらどうなる?服用を中止したい人が注意すべきこと
プロペシアは医療費控除になることが判明!国税庁に確認済み
女性がプロペシアを飲むと危険?副作用や妊婦が触ることによる影響とは

フィンペシアの解説(プロペシアジェネリック)

フィンペシアはプロペシアのジェネリック
プロペシアとフィンペシアの違いは?効果と副作用、成分表から比較検証!
フィンペシア(成分鑑定済み)を購入できる個人輸入通販サイトまとめ
プロペシアからフィンペシアへの切り替えや交互に服用する方法
フィンペシアの飲み方や服用量を徹底解説!同じ時間帯に飲むのがベスト