パントスチンの成分は男性ホルモンをおさえる効果

パントスチン(Pantostin)は女性用の頭皮に塗るタイプの育毛剤で、ドイツのMerz社が製造・販売しています。

年齢を重ねると女性ホルモンは次第に減少していきます。それに従って、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が女性ホルモンに対して優位になり、男性の薄毛と同じように女性も抜け毛が増えていくと言われています。

DHTは「テストステロン」に「5αリダクターゼ」という物質が作用してつくられるます。

パントスチンの主成分であるアルファトラジオール(αトラジオール)は、この5αリダクターゼを阻害し、DHTに変換されることを阻止します。これによって、髪の毛が再び元気に太く成長できるとされています。

男性の場合はプロペシアを服用することで同じ効果を得ることができますが、女性は副作用のためプロペシアを使用できません。そのため、パントスチンなどでその代用をすることになります。

なお、男性がパントスチンを使用することは問題ないようです。

パントスチンの詳細をみる
パントスチン

パントスチンの口コミと使用感

ネット上のパントスチンの口コミには以下のようなポジティブな感想がありました。

「薄毛が少し目立たなくなってきた」
「抜け毛が減ってきたかも」
「べたつかず匂いもあまりしないので使い心地はいい」

一方、少しネガティブな口コミもありました。

「アルコールの匂いが強い」
「なかなか効果が実感できない」

女性の薄毛の原因はなかなか特定しづらいと聞きますし、パントスチンの効果にはその他の育毛剤と同様個人差があるようですね。使用感は匂いが少し気になるようですが、べとつきなどはあまりなく日常的に使用するのは特に問題なさそうです。

パントスチンの個人輸入での通販

内服のパントガールプリオリン、ミノキシジル育毛剤の女性用ロゲインなどと併用される方も多く、皮膚科や美容クリニックでもそのような処方をされることが多いようです。特にパントガールは多くの通販サイトで人気の定番商品です。

クリニックでパントスチンを処方してもらうと1本12,000円ほどしますが、個人輸入だと1/3程度の値段で購入できるので、長い目で考えると費用は格段に抑えることができます。

男性の育毛剤はジェネリック医薬品が流通しており安く購入できるのですが、女性の育毛剤はまだそういった安い商品は扱われていないので個人輸入代行の通販ショップを利用することで出費をかなり抑えることができるのではないかと思います。

楽天などの一般の通販サービスではパントスチンは購入できません。当サイトで紹介しているような、医薬品の個人輸入代行店で購入する人が多いようです。

パントスチンの通販と同時に、女性の薄毛治療専門クリニックで相談してみるのもおすすめです。この育毛剤が効くタイプの薄毛か専門家に相談すると安心して購入できるかもしれないですね。

今ならヘアメディカルが無料カウンセリングを実施していますよ。



薬事法による規制のため、パントスチンの効果や詳細については説明を控えさせて頂きます。通販サイトの商品ページなどでご確認下さい。

パントスチンの価格比較   更新日:2016-12-08

1本100ml

※オオサカ堂・JISAで、まとめ買いすると1セットごとに2ドル割引(運営会社は同じです)

通販販売店 1本 2本 3本 発送国 ポイント クレジット決済
オオサカ堂 ¥5,599 ¥10,037 ¥14,476 HK
JISA ¥5,599 ¥10,037 ¥14,476 HK
OKUSURIYA ¥5,129 ¥9,745 ¥13,749 HK × ×
TrendyWorld ¥5,620 ¥10,250 ¥14,760 HK ×
アットアメリカ ¥6,600 ¥12,000 ¥17,000 HK × ×