クラリチンジェネリックを通販で激安購入!個人輸入の価格を市販薬と比較【ロラタジン】

クラリチンジェネリックは個人輸入通販で激安購入できます!

クラリチン(Claritin)は鼻水・くしゃみなどのアレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみを抑えてくれる抗ヒスタミン薬。眠気が起きにくく仕事や勉強に支障がでにくいので、花粉症の季節にはスゴく重宝しますよね(^^)v

クラリチンを病院で処方してもらうと、診察料や待ち時間があるので不便だなーと感じている人も多いのではないでしょうか?

2017年1月25日に『クラリチンEX』という市販薬がついに発売されたのですが、1錠150円~200円とめちゃくちゃ高価。薬局で手軽に購入できる市販薬に期待していたのガッカリですよね…。

大正製薬のクラリチン市販薬・クラリチンEX

市販薬が高価だと思った人に朗報です!

実は、クラリチンを購入する第3の方法があります。

それは、海外製のクラリチンジェネリックを個人輸入代行サイトの通販で購入する方法。

個人輸入といっても難しいことは何もなく、Amazonや楽天のような一般の通販サイトのように簡単に購入できます。送料無料の通販サイトも多く、ものスゴく安い値段でクラリチンジェネリックを購入可能です。

市販薬のクラリチンEXが1錠200円ほどなのに対して、ジェネリックだと1錠20円程度。最安値の通販サイトで購入するとなんと約1/10の価格(゚∀゚)

1日20円だと1ヶ月毎日飲んでも600円。超格安ですよね?

このページでは、人気のクラリチンジェネリックを最安値で購入できる通販サイトを紹介しています。花粉症やアレルギーでお悩みの方は是非参考にして下さいね(^^)

おすすめのジェネリック薬はロリータ

個人輸入通販サイトで購入できるクラリチンは数種類あり、その中でも価格が安く一番人気なのは、タイ製のロリータ(Lorita)という製品。

タイのファーマライン(Farmaline Co., Ltd.)社が製造しているクラリチンのジェネリック薬で、先発医薬品と同じく有効成分のロラタジンが10mg配合されています。

クラリチンジェネリック(ロリータ)の製薬会社・ファーマライン社のホームページ

ファーマライン社は2000年設立の比較的新しい製薬会社ですが、アレグラやジルテックのジェネリック薬も製造しており、抗ヒスタミン薬では実績十分な会社です。

『ロリータ』という製品名はどうかと思いますが、恐らく有効成分の『ロラタジン(Loratadine)』をもじって命名したのでしょうね^^;

激安価格でまとめ買いできます!

ロリータは1箱100錠入りのため1箱で3ヶ月分以上の容量。軽度の花粉症の方なら1箱購入するだけで1シーズン十分でしょう(*^^*)

ちなみに、市販薬のクラリチンEXは1箱7錠または14錠入りの製品しかないので、まとめ買いするのはけっこう面倒です…。

ロリータは1錠20円程度と超格安で、クラリチンジェネリックを個人輸入している人では定番商品です。

個人輸入代行最大手のオオサカ堂では400件以上もの購入者レビューがあり、処方薬と同様の効果を報告している人が多数いるので安心して購入できますね。

他にもシェリング・プラウ(現メルク)社製のクラリチンや、『ロラトン(Cp-Loradine)』というジェネリックも販売されていますが、価格と容量のバランスが最も優れたロリータが一番人気です。

ロラトンも安いのですが、1,000錠単位でしか購入できないので、1箱100錠のロリータの方が購入しやすいと思います。

クラリチンジェネリックの通販価格比較   更新日:2017-10-19

クラリチンジェネリック・ロリータを販売している通販サイトの価格を調査して下の表にまとめました。最安値のサイトを探すのにお役立て下さいね!

ロリータ10mg 1箱100錠

※オオサカ堂でまとめ買いすると1セットごとに2ドル割引

通販ページ 1箱 2箱 送料無料 ポイント クレジット決済
オオサカ堂 ¥2,112 ¥3,997
DIF ¥2,400   ×
デコサポ ¥2,445 ¥4,507 ×
アットアメリカ ¥2,900 ¥4,800 × ×
BEST-DRUG ¥3,080 ¥5,020
くろぐろ本舗 ¥3,500 ¥6,500 × ×

個人輸入で一番人気のオオサカ堂は為替レートによって価格がよく変わるので毎日調査しています。

ロリータは1箱100錠入りで、1日1錠の服用量なので1箱で100日分です。

1箱で十分な方もいると思いますが、2箱セットで購入すると1箱当たりの価格は安くなります。

花粉症以外にもアレルギー症状がでる方は、まとめ買いしておくといいでしょう(^^)v

最安値だと1日20円程度なので、本当にコスパのいいジェネリックですね。

市販薬のクラリチンEXとジェネリックの価格を徹底比較!

2017年1月に大正製薬から市販薬の『クラリチンEX』が発売になり、薬局でクラリチンを購入できるようになりました。

手軽に購入できるのはスゴく助かるのですが、価格が高いのが残念です(´・ω・`)

希望小売価格は7錠1,380円(税込1,490円)、14錠1,980円(税込み2,140円)。1錠150~200円なので、1ヶ月5,000円前後ですね。

病院でバイエル薬品のクラリチンを処方してもらった時の健康保険適用後の負担額は、14日分1,864円、30日分2,296円程度。これに初診料や再診料などの診察料が必要になります。
参考:https://medley.life/(クラリチン薬価)

病院処方のクラリチン、市販薬、個人輸入のクラリチンジェネリックの価格をまとめると次のようになります。

病院処方(初診時)・クラリチンEX(14錠)・クラリチンジェネリック(ロリータ)の価格比較
商品名 容量 価格 1日当りの価格
クラリチン 30錠 ¥2,496 ¥83
クラリチンEX 1箱14錠 ¥2,140 ¥153
ジェネリック(ロリータ) 1箱100錠 ¥2,112 ¥21

病院処方クラリチンは初診料と30日分の薬の合計額、クラリチンEXは1箱14錠の商品を購入した時の価格。ジェネリックはオオサカ堂の1箱分の値段です。

※耳鼻科での診察料は1,200円で計算。診察料は病院での処置方法によって変わります。

クラリチンジェネリックのロリータは最安値だと1錠20円ほどなので、個人輸入通販で購入した方が圧倒的にお買い得だということが分かりますね(´∀`)b

お金や時間をできるだけ節約したい方には、クラリチンの個人輸入が一番おすすめです!

クラリチンの格安購入はこちら(クリック) ⇒

クラリチンジェネリックの効果・効き目・副作用は?

クラリチンの有効成分であるロラタジンは、アレルギーの原因となるヒスタミンが受容体に結合するのをブロックする働きがあります。

クラリチンの添付文書(PDF)に記載されている効果は次にようになっています。

クラリチンの効果・効能

アレルギー性鼻炎(鼻水・くしゃみなど)、蕁麻疹(じんましん)、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症)に伴うそう痒

花粉症の症状であるアレルギー性鼻炎のためにクラリチンを服用する人が多いと思いますが、湿疹など皮膚のアレルギーにも効果があるとされています。

『皮膚そう痒症』とは、皮膚に発疹や湿疹がないのに、かゆみを感じる症状のことです。

副作用は次にように記載されています。

クラリチンの重大な副作用

痙攣(けいれん)、てんかん、肝機能障害・黄疸、ショック・アナフィラキシーなど

クラリチンの他の副作用

眠気、倦怠感、腹痛、口渇(口の渇き)、吐き気・嘔吐、腹痛、便秘など

クラリチンは副作用が少ないとされる抗ヒスタミン薬ですが、体に異常がでた場合は医師に相談するようにして下さいね。

他の抗ヒスタミン薬の効果・眠気とクラリチンと比較すると次にようになっています。

クラリチンジェネリックの効果と副作用

クラリチンは「効果も眠気も強くない」マイルドな花粉症薬だということが分かりますね。効果の分だけ眠気も強いジルテックやアレロックとは対照的な薬です。

クラリチンは眠気以外の副作用も少なく、「集中力が低下しにくい」「口が渇きにくい」といった特徴があります。

副作用の少ないアレグラと比較

クラリチンとよく比較される薬にアレグラがあります。

アレグラもクラリチンと同様に眠気のでにくい薬ですが、ヒスタミンを抑える働きはアレグラの方が強いとされています。

ただ、薬の効果や副作用には個人差があるためクラリチンの方が相性がいいという方もいるようですね。

アレグラのジェネリックも個人輸入通販で購入できますが、1日当たりの価格はクラリチンジェネリックの方が安くお得です。

オオサカ堂のアレグラとクラリチンジェネリックの販売価格は次のようになっています。

アレグラとクラリチンジェネリックの通販価格比較
商品名 容量 価格 1日当りの価格
アレグラジェネリック 1箱20錠 ¥1,153 ¥58
クラリチンジェネリック 1箱100錠 ¥2,112 ¥21

1箱だけ購入するとクラリチンジェネリックはアレグラの半額程度と格安。価格で選ぶならクラリチンジェネリックの方がお買い得です。

アレグラジェネリックについては次のページを参考にして下さいね。
アレグラジェネリックの通販価格比較!個人輸入最安値は市販よりお得【フェクサダイン】

クラリチンジェネリックの飲み方・服用方法

クラリチンジェネリックの飲み方・服用方法

クラリチンは1錠10mgを1日1回食後に飲みます。花粉症などのアレルギー症状や年齢によって服用量は適宜増減します。

7歳以上の小児(子供)の場合も、10mgを1日1回食後に服用します。

クラリチンジェネリックのロリータは処方薬と同じく1錠にロラタジン10mgが含まれているので、通販サイトには処方薬と同様の飲み方が記載されています。

ただ、3歳以上7歳未満の場合はドライシロップとしてクラリチンを5mg服用することになっているので、小さい子供に錠剤タイプのジェネリックは服用させない方がいいかと思います。

また、妊娠中や授乳中の女性はクラリチンの服用を避けることが望ましいと添付文書に記載されています。

クラリチンの飲み合わせについては、胃薬のシメチジン(タガメット)や抗生物質のエリスロマイシン(エリスロシン)に注意する必要があります。併用すると、有効成分ロラタジンの血中濃度が上昇して体内に残りやすくなる可能性があります。
参考:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se44/se4490027.html

鎮痛剤の成分とロラタジンには相互作用がないとされているので、ロキソニンなどとの併用は問題ないとのこと。

クラリチンはアレグラと比較して半減期が長く、薬の持続時間が長いので1日1回の服用でOK。アレグラは1日2回なので、クラリチンの方が飲み忘れは減りそうですね(^^)

なお、クラリチンとアレグラの即効性に大差はないとされています。

毎日の朝食や夕食後にクラリチンを1錠飲むように決めておくと、飲み忘れが少なくなりそうですね。

クラリチンジェネリックの口コミ評判まとめ(2ch・オオサカ堂)

クラリチンジェネリックの口コミ評判まとめ(2ch・オオサカ堂)

クラリチンジェネリックは個人輸入通販で格安で購入できるので、2ch(2ちゃんねる)などのネット掲示板でも人気です。

ロリータの2chでの口コミには以下のようなものがありました。

「タイ製造のジェネリックはちゃんと効果あったよ。」

「昨年と変わらない程度の症状しか出なかったのはロリータのおかげだと思ってる。」

「俺はLoritaを輸入代行で買ってるよ。効き目もちゃんとある。」

出典:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/allergy/1112588130/

製品名を具体的に書いた投稿は少なかったのですが、ジェネリックを個人輸入している人はかなり多いようでしたよ(^^)v

通販サイトのオオサカ堂ではロリータについて400件以上もの購入者レビュー・口コミがあります。5点満点中4.5点の高評価で、多くの人が花粉症などのアレルギーに効果を感じているようです。

オオサカ堂のレビューをいくつか要約してご紹介しますね!

1年中アレルギーがあるのでクラリチンジェネリックをよく購入しています。穏やかな効果があり、錠剤が小さく飲みやすいですね。

花粉症のため服用。効く割にそんなに眠くならないです。

副作用の眠気もなく小粒で服用しやすい。花粉症に悩まされていたけど、この薬のおかげでスッキリ。

処方薬と同じように効果あり、まとめ買いできて安いので満足。

名前はどうかと思いますが普通のジェネリックです。個人輸入代行サイトを色々と調べた中で最も安かったのでリピートしてます。

蕁麻疹(じんましん)のかゆみ止めのために服用しています。効果が同じなのに格安で良かった。

かなりひどい花粉症で処方薬のクラリチンを飲んでいました。ジェネリックでも効果がちゃんとあったので花粉症シーズンはお世話になっています。

私の場合、アレグラと同様の効果があるのに眠気が少ないですね。

朝飲めば1日効いてくれ、眠気もあまり感じません。

1年中アレルギー性鼻炎だけど、クラリチンジェネリックのおかげで昼の眠気もなく快適に過ごせてます。

効果には当然個人差がありますが、多くの人が花粉症やアレルギー性鼻炎への効果を報告していました。処方薬と同じく副作用の眠気もでにくいようですね(^^)

クラリチンはザイザルやアレロックと比較するとマイルドな効果とされていますが、花粉症や皮膚のかゆみを十分抑えられる人もいるようですね。

錠剤も小粒でスゴく飲みやすいとのことです。

クラリチンジェネリックを通販で購入する際は、是非オオサカ堂のレビューを参考にしてみて下さいね!

オオサカ堂の最新の口コミはこちら(クリック) ⇒