アレロックジェネリックの通販価格比較!個人輸入最安値は市販薬以下[オロパタジン]

アレロックジェネリックの通販でおすすめはWinolap5(アレニル)

アレロック(Allelock)は鼻づまりやくしゃみといった、花粉症の症状に強力な効果を発揮する抗アレルギー薬。有効成分はオロパタジン塩酸塩です。

アレグラやクラリチンでは抑えられない花粉症の人に処方されることが多いですね。

アレロックは薬局で販売されている市販薬がなく、病院でお医者さんから処方してもらう必要があります。

2010年に協和発酵キリン株式会社から発売されたので、ジェネリック医薬品もまだ販売されていません。そのため、アレロックの値段はあまり安くなく花粉症患者の家計にとっては負担に(*_*)

でも実は、海外のアレロックジェネリックなら個人輸入代行サイトを通して格安通販することができます!

個人輸入だと病院処方のアレロックより安く購入できるので、花粉症やアレルギー対策のために通販でアレロックジェネリックを買う人が増えているようですね。

アレロックジェネリックで人気の商品は、Winolap5(ウィノラップ5mg)という名前のお薬です。アレロックと同じくオロパタジン塩酸塩を1錠5mg含有しています。

Winolap5は激安価格で購入でき、最安値で1錠29円

さらに、このページで紹介しているオオサカ堂のような通販サイトなら送料無料です。

Winolapはインドの製薬会社Sun Pharma Laboratories Ltd.(サン・ファーマ)が製造販売しています。

アレロックジェネリック・Winolap5(ウィノラップ5mg)の製薬会社Sun Pharma(サン・ファーマ)社のHP

Wikipedia(英語版)によると、インド最大手の製薬会社で世界150ヶ国に2,000以上の医薬品を販売している上場企業とのこと。年間40億ドル以上もの売り上げを誇り、従業数も50,000人を超えています。

2012年から日本市場にも進出、田辺三菱製薬などとジェネリック医薬品の販売で提携しています。

このサン・ファーマ社が製造するWinolapは価格が安く、海外では効果について評価の高い製品。個人輸入通販サイトで購入でき、市販薬のネット通販と同じように簡単に注文できます。

以前は『Allenil(アレニル)』というアレロックジェネリックが人気だったのですが、2017年3月に全ての個人輸入通販サイトで取り扱い停止になりました。薬の卸売業者が入荷を止めたため、どこのサイトも在庫がありません。

アレニル(Allenil)

Winolapは2017年4月末にオオサカ堂などで販売開始になったので、まだ口コミは少ないものの今後人気商品となるのは確実でしょう(^^)

ちなみに、Winolapはアレニルより価格が安いので以前よりお買い得になっています。製薬会社もアレニルより大きいので安心して購入できると思います。

私はWinolapをオオサカ堂で購入して服用していますが、病院処方薬やアレニルと効果に違いは特に感じません。錠剤も標準的な大きさなので飲みやすいですよ(^^)

オオサカ堂で購入したアレロックジェネリック(Winolap)
アレロックジェネリック・Winolap(オオサカ堂通販で購入)

アレロックジェネリックの通販価格比較   更新日:2017-12-12

アレロックの有効成分オロパタジン塩酸塩は、Winolap(ウィノラップ)には1錠あたり5mg含まれています。アレロックを病院で処方される場合も、1錠あたり5mgの薬のことが多いですね。

Winolapは1箱に100錠入っています。服用量を1日2錠とすると50日分の容量になります。花粉症は2月~4月ごろがピークなので1箱以上購入すれば乗り切れそうです。

有効期限は2年ほどあるため、余裕をもって2~3箱買っておくのがオススメですね(^^)

アレロックジェネリック・Winolapの個人輸入通販サイトでの価格を調査して下の比較表でまとめました。

2017年4月に販売開始されたので、取り扱っているサイトはあまり多くありません。価格は毎日更新しているので、Winolapを最安値で購入できる通販サイト探すのに利用して下さいね。

Winolap5(ウィノラップ5mg) 1箱100錠

※オオサカ堂でまとめ買いすると1セットごとに2ドル割引

通販ページ 100錠 ポイント クレジット決済 発送国
オオサカ堂 ¥2,932 SG
デコサポ ¥3,283 × SG
DTI ¥3,300 HK/SG
くすりゆび ¥3,400 × ×  
TrendyWorld ¥3,700 × SG
エアーストロング ¥3,900 × × SG/HK

アレロックジェネリックの効果・効き目・副作用

アレロックの有効成分オロパタジン塩酸塩は、ヒスタミンが受容体と結合する作用を抑える効果があります。ヒスタミンはアレルギーの原因となる物質ですね。

アレロックジェネリックの効果効能は次のようになっています。

アレロックの効果

アレルギー性鼻炎(鼻づまり・くしゃみ)、蕁麻疹(じんましん)、湿疹、皮膚炎、痒疹(ようしん)、皮膚瘙痒症(そうようしょう)、尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)、多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)

鼻水・くしゃみなどの花粉症の症状以外にも、皮膚の病気やアトピーを抑えるためにも使われます。アレロックジェネリックのWinolap5と先発薬の有効成分量は同じなので、効果がないという人は少ないかと思います。

副作用には次のようなものがあります。

アレロックの副作用

眠気、倦怠感、頭痛、吐き気、福通、口の渇き、動悸、発疹、肝機能値の異常(GOT・GPT)、食欲亢進・増進

アレロックは第2世代の抗ヒスタミン薬と呼ばれていて、眠気や口の渇きなどの副作用は弱いとされています。第2世代の抗ヒスタミン薬には、アレグラ・クラリチン・ジルテック・ザイザルなどがあります。

どれも花粉症やアレルギーを抑える働きをする薬で、効果の強さと副作用の大きさは下の図のようになっています。

アレロックジェネリックの効果と副作用

アレロックは、効果は強いけど眠気などの副作用も大きいのが特徴ですね。

この図だけをみるとザイザルの方が効果↑副作用↓なのでアレロックより優れた薬に見えますが、薬効には個人差があるので自分に体質に合った薬を使うようにして下さい。

アレロックは食欲が増えて太るとの口コミがネットで意外と多いです。臨床データでは食欲亢進の副作用の頻度はかなり少ないのですが(^_^;)

副作用が重い人はザイザルジェネリックの通販を試してみてもいいかもしれないですね。

最後にもう一点。副作用が割りと大きいので肝臓や腎臓の病気がある人はご注意を。アレロックジェネリックを通販で購入する前に、お医者さんに一度相談した方がいいかもしれませんね。

アレロックの副作用や禁忌の詳細については、添付文書PDFを参考にして下さい。
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00047452.pdf

アレロックジェネリックの飲み方・服用方法

アレロックジェネリックの服用方法・飲み方

アレロックとジェネリック薬のWinolap5は1錠当りの有効成分が同じですので、同様の服用方法で問題ないとのことです。

1回1錠5mgを1日2回服用します。症状によって服用量を増減しても問題ありません。花粉症のピーク前は1日1錠にして、ピークの時に2錠にするといいかもしれませんね。

朝食後と就寝前に1錠ずつ服用すると飲み忘れがないくていいでしょう。

アレロックジェネリックとの飲み合わせで注意して欲しいのが風邪薬。風邪薬にはアレロックと同じ抗ヒスタミン作用をもつ成分が含まれていることがあり、眠気などの副作用発生リスクが高まる可能性があります。

アレロックは鼻水やくしゃみを抑えてくれるので、解熱剤や鎮痛薬など成分が少なく薬効が限定されている薬を追加する方法が推奨されています。例えば、解熱鎮痛消炎剤の「ロキソニンS」にはアレロックと相互作用する成分は含まれていません。

添付文書によると、子供がアレロックを服用する場合は大人と同じ用法用量で問題ないとのことです。

アレロックジェネリックの用法・容量を見る ⇒

アレロックとジェネリック(Winolap5)の価格比較

アレロックジェネリックの服用方法・飲み方

アレロックジェネリックのWinolap5と、病院で処方される先発薬のアレロックの価格がどれくらい違うのか調査してみました。

病院や耳鼻科では初診料などの診察料を必ずとられますので、それも薬代に加えて料金を計算します。

比較対象は、アレロック30日分+初診料の料金と、オオサカ堂のWinolap100錠の通販価格です。

オオサカ堂というのは通販サイトのことで、薬の個人輸入では一番といってもいいほど有名です。ネットでも利用者が多く、商品の発送が早く評判もいいですね(^^)

病院処方のアレロックの薬価は1錠68.7円、耳鼻科での初診料は1,200円で計算しています。診察料は治療方法よって変わるので概算になります。
参考:https://medley.life/(アレロック薬価)

アレロックとジェネリックの価格比較
商品名 容量 価格 1日当りの価格
アレロック 30日分(60錠) ¥3,000 ¥100
Winolap5 1箱100錠 ¥2,932 ¥59

表の一番右の「1日当りの価格」を見ると、アレロックよりジェネリックのWinolap5の方が安いことが分かりますね。

ジェネリックは約1/2ぐらいの値段です。1日で40円の違いなので、1ヶ月で1,200円3ヶ月服用するなら3,600円の差ですね。

価格以外のジェネリックの個人輸入のメリットは耳鼻科での待ち時間がないことです。花粉症の季節は1時間以上待たされることもありますからね(T_T)

アレロックジェネリックの口コミ評判

アレロックジェネリックの口コミ評判

アレロックの口コミや評判について、2ch(2ちゃんねる)の書き込みをまとめてみました。Winolap5やアレニル、その他のアレロックジェネリックの口コミはまだ少なかったので、協和発酵のアレロックについての書き込みになります。

「今年初めて処方してもらいはじめは眠くてたまらなかったけど毎日のんでいたら鼻炎は、嘘みたいに楽です。目の痒みには効かないけど。」

「アレロックはマジで効くね。こんなに効いちゃっていいの?って感じ。ヒスタミン系の症状はパタリとでなくなった。ロイコトリエン系の症状は相変わらずだけど、それでも全然楽だ。」

「鼻には良く効くな。ステロイド点鼻薬の合わせ技で今年も乗り切れそうで助かるよ。眼には効果無いんで眼が花粉センサーになってる。眠気は強いんじゃないか?ぼ~としている時、意識が突然飛んで目覚める事がある。居眠りが増えた。」

「アレロックは一番良く効く。」

「アレロックを朝晩2回飲むようにしてから体重がウナギのぼり。ここ数日だけでも2kg近く増えてるorz。ダイエットしてて運動は前より少し増やしてるし。食事も同じか少し減らし気味にしてるんだけどな。」

「アレロックで体重増えるかなぁ?食欲が無くなるのは経験してるけど、男女で副作用の違いがあるのかな?ちなみに俺は男」

「女だけど体重増えるというかむくみが激しいんだけど・・・」

「食欲亢進もむくみも体重増加も、アレロックの副作用としてあり得るよ。ただ頻度がかなり低いんで、その症状が出ていたとしても、副作用だとは断定できない。やめてよくなったのなら、副作用だったのだろう、というしかない。いちおう、むくみは『このような症状が現れた場合には、投与を中止する』とある。信仰してるなら、好きに飲めばいい。」

出典:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/allergy/1234706114/

やはり花粉症対策には強力な効果!

やはり強力な抗ヒスタミン薬だけあって、花粉症対策に効果を実感している人が多かったです。

アレロックの副作用については眠気の他に、食欲が増えて体重が増加したという書き込みがありました。引用中の最後の方が解説しているように、一部の人には食欲亢進の副作用がでるとされています。

花粉症の季節だけの服用だと2~3ヶ月間ですので、そこまで急激に太ることはないと思います。副作用が重い場合は、アレグラジェネリックがおすすめです。

アレグラはアレロックよりも効果は弱いのですが、その分眠気などの副作用の頻度もかなり低いです。花粉症の症状が軽い人ならアレグラで十分のことが多いようです。

私はアレルギー症状が軽い時期はアレグラ、確実に抑えたい時はアレロックという具合に使い分けています。花粉症の季節はアレロック中心ですね。

Winolapの写真(近接)

オオサカ堂のレビューも参考にしよう

以前販売されていた、アレロックジェネリック・アレニルについての口コミについて、オオサカ堂の商品レビュー欄にたくさんコメントがあります。

実際にアレニルを購入した人の口コミなので信憑性は2chよりもはるかに高いと思います。

有効成分がアレロックと同じなので当然ですが、アレニルで花粉症に効果があったとのコメントがたくさんありますよ(^^)v

やはり、病院へ行く時間がなくて値段が安いので通販で個人輸入する人が多いようです。

会社員だとなかなか耳鼻科へ行けないですからね(*_*)

オオサカ堂では500件以上ものアレニルのレビューが掲載されているので是非参考にして下さいね!

>>アレニルの口コミはこちら

現在購入できるアレロックジェネリックのWinolap5はまだレビューがほとんどありませんが、今後増えてくると思います。レビューを書くとポイントがもらえるので、購入する方は時間があれば投稿してみて下さい。

私もさっそく投稿してポイントをGETしておきました(^^)

>>オオサカ堂の最新の口コミはこちら