ポラリスNR-10が取り扱い停止に!代わりとなるミノキシジル育毛剤を調査

ポラリスNR-10がオオサカ堂などで取り扱い停止・販売終了に…

ポラリスNR-10はミノキシジル16%配合の育毛剤。ミノキシジル育毛剤の中では最高濃度の製品のため、生え際の回復に最も有効だと評判ですね。

そのポラリスNR-10が2017年9月8日頃に販売停止になりました。

オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの大手サイトをはじめ、全ての個人輸入代行サイトでポラリスNR-10の取り扱いが停止となっています。

一時的に販売をストップしているわけではなく”販売終了”となっているので、恐らくメーカーが製造を終了したのだと思われます。卸売業者にポラリスNR-10の在庫がなくなったようで、全ての個人輸入代行サイトで購入できなくなっています。

アメリカなどの海外でも販売終了となった模様です。

現在のところ、ポラリスNR-07(ミノキシジル5%)・NR-09(15%)・NR-11(12%)も取り扱い終了となっています。ポラリスNR-08(7%)と、育毛シャンプーのポラリスNR-02はまだ購入できるサイトがあります。

私が確認した限りでは、個人輸入最大手のオオサカ堂系列でのみ在庫がありました。ポラリスが無くなる前に入手したい方は早めに購入した方がいいかもしれませんね(^^)

オオサカ堂の在庫状況を確認する ⇒

ポラリスNR-10の代わりとなる育毛剤を調査!

ポラリスNR-10が取り扱い停止になったということで代わりの育毛剤を調べてみました。

まずは、NR-10の特徴をまとめると下記のようになります。

  • ミノキシジル16%配合
  • フィナステリド・銅ペプチドなどの育毛成分を配合
  • クリームタイプの育毛剤

ポラリスNR-10はミノキシジル16%だけでなく、AGA治療薬のフィナステリドなどを配合した育毛剤です。そして、リアップのようなローション(液体)ではなくクリームタイプです。

これらの条件に合致した育毛剤を紹介していきますね(^O^)/

フォリックスFR16というミノキシジル16%クリームが発売に

ポラリスNR-10が販売停止になりガッカリしている方は多いと思いますが、フォリックスFR16(Follics FR16)という新製品が発売されました。

ミノキシジル16%のクリームタイプの育毛剤で、フィナステリドや銅ペプチドも配合されておりポラリスNR-10の後継となる商品です。

個人輸入大手のオオサカ堂では、フォリックスFR16は2017年10月20日に発売されました。ポラリスNR-10が販売終了になってから約1ヶ月後なので、フォリックスはポラリスの後継商品として開発された模様です。

>>オオサカ堂のフォリックス販売ページはこちら

フォリックスFR16(Follics FR16)

ポラリスNR-10とフォリックスFR16の成分は以下のようになっています。
※両者で異なる成分はオレンジ色の文字で表記

ミノキシジル 育毛成分
ポラリスNR-10 16% フィナステリド・銅ペプチド・パンテノール・プロシアニジンB2・血管内皮増殖因子(VEGF)・アラントイン・ペプチド複合体・ビタミン複合体
フォリックスFR16 16% フィナステリド・銅ペプチド・パンテノール・アデノシン・アゼライク酸・プロキャピル(オレアノール酸・ビオチノイルトリペプチド-1・アピゲニン)

ミノキ16%なので発毛効果に大きな差はない

いちばん重要なミノキシジル成分量(濃度)は両者ともに16%。

ポラリスNR-10はミノキシジル育毛剤の中では最も成分量が多く、生え際やM字ハゲにも効果が期待できるとされています。フォリックスFR16も基本的には同様の効果が期待できるでしょう(´∀`)b!

ミノキシジルは成分濃度を高くすると、液体の粘度が高くドロッとしてしまいます。そのため、ポラリスNR-10もフォリックスFR16もクリームタイプの製品となっているようですね。

フォリックスFR15という製品もFR16と同じ時期に発売され、こちらはミノキシジル15%のローションタイプ。液体の育毛剤の方がが良い方はFR15を購入して下さいね。

フォリックスFR15の効果・副作用&使い方を徹底分析!ポラリスNR-09の成分と比較

アデノシンやアゼライク酸などが追加配合

ポラリスNR-10に配合のフィナステリド・銅ペプチド・パンテノールはフォリックスFR16にも使用されています。その一方、プロシアニジンB2(りんごポリフェノール)やVEFGなどの成分がなくなりました。

その代わり、アデノシン・アゼライク酸・プロキャピルなどが新たに配合されています。

プロキャピル(Procapil)はスペインのメーカーが開発した育毛成分で、オレアノール酸・ビオチノイルトリペプチド-1・アピゲニンの3つをブレンドしたものです。

追加成分の効果を簡単にまとめておきますね。

  • アデノシン ⇒ 発毛促進因子の産生を促し毛母細胞を活性化
  • アゼライク酸 ⇒ AGAの原因となる男性ホルモン(DHT)を抑制
  • プロキャピル ⇒ DHT抑制・血行促進効果があり、ミノキシジルのように毛髪を成長させる

ポラリスNR-10と同様に、フォリックスFR16にもエビデンスのある育毛成分が採用されています。優劣をつけるのは難しいですが、個人的にはフォリックスの方が好みですね(^^)

エタノール・プロピレングリコール不使用

ミノキシジルに配合された成分のアルコール(エタノール)

ポラリスNR-10にはエタノールとプロピレングリコールが使用されていませんでした。この2つはアレルギーを起こしやすく、頭皮の痒みやかぶれの原因となります。

フォリックスFR16も両方とも不使用なので、ポラリスから代えても頭皮トラブルは起きにくいはずです。

ローションタイプにはエタノールが必ずと言っていいほど使用されているので、頭皮が痒くなる人にはクリームタイプがオススメです。

フォリックスFR16にはスペアミント油が配合されているため、ポラリスよりも清涼感を感じられると思います。

以上のように、フォリックスFR16はポラリスNR-10と非常に似たミノキシジル育毛剤。販売価格も同じなので、NR-10の後継商品と考えて良さそうです。

ミノキ16%配合のクリームタイプの製品は他にはないので、ポラリスNR-10の代わりとしてはフォリックスを使うのがベストでしょう(´∀`)b!

>>オオサカ堂の販売ページはこちら

こちらのページでは、フォリックスFR16とNR-10のより詳しい比較をしています。併せて参考にして下さい。

フォリックスFR16の効果・副作用&使い方を徹底分析!ポラリスNR-10の成分と比較

フォリックスFR16発売までのポラリスNR-10の代替品

以下はフォリックスFR16の発売前に書いた内容です。ポラリスNR-10の代わりとしてはFR15が最もオススメですが、他の代替品をお探しの方は参考にして下さい。

5%より濃度の高いミノキシジル育毛剤は1ヶ月1本しか購入できません。手持ちのポラリスNR-10がなくなり、代替品を早めに購入したい方もいるかと思います。

フォリックスFR16の発売前に代わりの育毛剤を探している方には、ザンドロックス・ツゲイン10%・ドクターゼロ7HPの3つがオススメです。

ザンドロックス

公式サイトのザンドロックス15%の製品ページ

ポラリス以外の高濃度ミノキシジル育毛剤はほとんどなく、カナダのRapid社が製造するザンドロックス(Xandrox)15%という商品が選択肢になります。

ミノキシジル15%に加え、アゼライク酸・レチノール・カフェインが配合された育毛剤です。ポラリスNR-10と違いローションタイプなので、ポラリスNR-09に近い製品ですね。

1本59.95ドル(6,000円以上)なのでポラリスNR-10よりは少し値段が高くなっています。

ザンドロックスはオオサカ堂やアイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトでは販売しておらず、Rapid社のザンドロックス公式サイトからしか購入できません。

数年前は代行サイトでも取り扱いしていましたが、現在は直販でしか購入できなくなってしまったようです。

公式サイトは英語でしか買い物できず、会員登録も必要です。

個人輸入代行と違い海外通販はトラブルも多いので、慣れていない方は他の商品を購入した方がいいでしょう。

ツゲイン10%

ベストケンコーのツゲイン10%

ツゲイン(Tugain)はミノキシジル10%配合の育毛剤。プロペシアジェネリックのフィンペシアでお馴染みのシプラ社(Cipla)製のため安心して使用できます。

ミノキシジル以外の有効成分はありませんが、プロピレングリコール不使用のため頭が痒くなりにくく使用感が良いのが特徴です。

ツゲイン10%もローションタイプの育毛剤です。

ミノキシジル濃度はポラリスNR-10と比較すると控えめですが、10%でもリアップやロゲインの2倍なので十分高濃度です。

オオサカ堂で販売されていないため知名度は低いものの、実はかなり評価の高い育毛剤です。

ベストケンコーという通販サイトでは45件以上のレビューがあり、生え際への効果を実感している人も多数います。

単品購入ならポラリスNR-10より500円程安く、3本セットなら1本当たり2,000円ほど安くなります。コスパ抜群の高濃度ミノキシジル育毛剤だと思います。

ドクターゼロ7HP

ドクターゼロ7HP(DR ZERO 7HP)は、ポラリスと同じ製造メーカー(DSヘルスケアグループ)の育毛剤です。

ミノキシジルは7%なのですが、その代わりにデュタステリドが配合されています。デュタステリドはAGA治療薬ザガーロの有効成分で、フィナステリドより効果が強いとされています。

プロペシアの有効成分フィナステリドよりも薄毛ホルモン(DHT)を抑える働きが強力で、臨床試験でもプロペシアより良好な結果が得られています。

さらに、ドクターゼロ7HPには馬プラセンタも配合されています。

馬プラセンタ(胎盤エキス)は高級サプリによく使われ、成長因子(グロースファクター)の産生を促進する働きがあります。

ミノキシジルの発毛メカニズムにも成長因子が関与しているため、馬プラセンタとの相乗効果が期待できるとされています。

総合的に見ると非常に優秀なミノキシジル育毛剤です。

オオサカ堂では既に定番商品となっていて、数百件のレビューがありますよ(^O^)/

まとめ

  1. ポラリスNR-10は2017年9月に販売終了
  2. NR-10の代わりとしてフォリックスFR16が発売
  3. フォリックスFR16はNR-10と同じミノキシジル16%配合のクリーム
  4. 育毛補助成分に違いはあるが、同等の効果が期待できるはず
  5. 他の代替品としてはツゲイン10%・ドクターゼロ7HPがオススメ

以上、ポラリスNR-10の代わりとなるミノキシジル育毛剤についてご紹介しました。

同じく販売終了となったポラリスNR-09と11の代わりとなる育毛剤に関しては、こちらのページを参考にして下さいm(_ _)m

ポラリスNR-09の代わりは?取り扱い停止後のオススメ育毛剤を紹介!
ポラリスNR-11が取り扱い停止に…代わりのオススメ育毛剤を紹介!

FR16を格安で購入する(クリック) ⇒