ポラリスでかゆみ・かぶれがないのはどれ?【NR-08,NR-09,NR-10,NR-11】

ミノキシジル育毛剤ポラリスで、かゆみ・かぶれが起きる原因とは!?

リアップやロゲインと比べて育毛成分が豊富なミノキシジル育毛剤のポラリス。個人輸入通販サイトでも大人気で、今やミノキシジル育毛剤では一番人気の商品ではないでしょうか?

ミノキシジル配合のポラリスは現在5種類(NR-07・NR-08・NR-09・NR-10・NR-11)あり、最高濃度は16%。10%以上の高濃度ミノキシジルは生え際やM字ハゲにも効果があると評判で、薄毛に悩む多くの男性から喜びの声が挙がっていますね(*^^*)

そんな人気のポラリスでも一部の人に不評なのは、かゆみ・かぶれ・炎症などの副作用がでること。かゆみなどを全く感じない人もいる一方で、残念ながらポラリスが体質に合わない人もいるようです。

ポラリスのかゆみ・かぶれの原因は主に次の2つだと考えられます。

  1. ミノキシジルの成分濃度
  2. エタノールやプロピレングリコールなどの溶剤
ポラリスのミノキシジル成分量がかゆみ・かぶれの原因

まずは、ポラリスに含まれているミノキシジルの成分量。ポラリスは5%~16%のミノキシジル濃度で、濃度が高いほど副作用がでやすくなります。

NR-07は5%濃度でロゲインやリアップと同じですが、NR-10は3倍以上の16%。ミノキシジルでかゆみ・かぶれがでる体質の人は成分量の少ない製品を使った方がいいでしょう。

かゆみなどが起きる2つ目の原因は、ミノキシジルを水に溶かすために使用されている溶剤。溶剤は化粧品やシャンプーなどにも使用され、液体タイプのミノキシジル育毛剤にも使用されます。

英語の説明書などでは「Inactive Ingredients(不活性成分・添加物)」という箇所に記載されている成分ですね。

一般的に、溶剤にはエタノールやプロピレングリコールなどのアルコール成分が使用されます。

ポラリスのエタノール・プロピレングリコールがかゆみの原因

保存・保湿・殺菌作用もある重要な成分なのですが、人によってはアルコール成分に対してアレルギー反応がでる場合があります。

ポラリスだけでなく、ロゲインやカークランドといった有名商品も当然アルコール類が使用されています。かゆみ・かぶれといった副作用がでやすい人は、エタノールやプロピレングリコールの少ないミノキシジル育毛剤を使うのがおすすめです(^^)

ミノキシジル濃度・エタノールとプロピレングリコールの有無の比較

以上のように、かゆみ・かぶれ・炎症などがでにくいポラリスを選ぶためには、ミノキシジル成分濃度と添加物を知っておく必要があります。

ここでは、ポラリス各製品のミノキシジル濃度、エタノールとプロピレングリコール配合の有無を表にまとめたので購入前に参考にして下さいね(^o^)/

成分はポラリスの箱やボトル、通販サイトの商品説明欄に記載されています。エタノール(エチルアルコール)は英語で「Ethyl Alcohol」、プロピレングリコールは「Propylene Glycol」と書かれています。

ポラリスNRシリーズの成分濃度、エタノール・プロピレングリコールの有無
商品名 ミノキシジル濃度 エタノール プロピレングリコール
ポラリスNR-07 5%
ポラリスNR-08 8%
ポラリスNR-09 15%
ポラリスNR-10 16% × ×
ポラリスNR-11 12%

表を見ると一目瞭然ですね^^;

実は、ポラリスはNR-10以外全ての製品にエタノールとプロピレングリコールが使用されています。

ポラリスだけでなく、ロゲイン・カークランド・ジェンヘアー・スペクトラルDNCなど、海外製のミノキシジル育毛剤のほとんどは両方とも使われているんです・・・

育毛剤の使用感や保存性のために、この2つの成分は必要なようですね。

ポラリスNR-10は他の製品のような液体でなく、クリームタイプの育毛剤。そのため、アルコールフリーでアレルギー反応が起きにくくなっています。

ミノキシジルは16%とポラリスの中でも最高なので、ミノキシジルそのものが大丈夫な人にはポラリスNR-10がおすすめですね(*^^*)

Liposphereテクノロジーでかゆみは軽減?

ポラリスのLiposphereテクノロジーでかゆみは軽減

ポラリスにはLiposphere(リポスフィア)テクノロジーという最新技術が導入されています。この技術は、有効成分をカプセル化することで頭皮の深い層に浸透するというもの。

この技術のおかげで、かゆみや刺激感をもたらすエタノールやプロピレングリコールの使用量が少なくて済むとのことです。

ポラリスの正規代理店の解説ページには次のように書かれています。

現在出回っている従来品育毛剤は、たいていアルコール、プロピレングリコールなど、成分をまとめるための安価な媒体が使われています。しかし、Polarisの育毛剤で活用されているのは、有効成分を最大限に吸収するための次世代技術Liposphere、ラメラ脂質二重層システムです。(略)同時に、Liposhereテクノロジーは頭皮の保護バリアを強化し、経皮水分喪失を遅らせ、頭皮への薬品刺激を最小限にしてくれるのです。

引用元: http://www.pharma-trading.com/jp/liposphere/index.html

確かに、リポスフィアテクノロジーはアルコール類の薬品刺激を少なくする効果もあると記載されていますね(^o^)

また、別のページには次のようにも書かれています。

弊社では、プロピレングリコールや高濃度アルコール成分を取り除くことで、患者さまの耐用性や快適度が劇的に改善すると考えています。ポラリス製品はまさに、頭皮への刺激やアレルギーを最小限に抑える製品なのです。

引用元: http://www.pharma-trading.com/jp/faq/index.html

ポラリスの成分表にはミノキシジル・フィナステリド・アゼライク酸などの育毛成分の濃度は記載されているのですが、エタノールやプロピレングリコールの成分濃度の数値は記載されていません。

ですが、引用した説明文を見る限りでは、刺激性のあるアルコール類の使用量は他のミノキシジル育毛剤と比較して少なくなっているようですね(^^)

製造メーカーであるPolaris Research Laboratories社の英語公式サイトを見ても、確かに同じような説明がされています。

ロゲインやカークランドなども添加物の成分量は書かれていないので比較が難しいのですが、ポラリスは頭皮に優しい技術が使われているのは間違いないでしょう(*´∀`*)

ポラリスのかゆみ・かぶれについての口コミ評判まとめ

ポラリスのかゆみ・かぶれについての口コミ・評判まとめ

育毛剤の使用感は成分や技術だけで語るのは危険。実際に使用している人の口コミやレビューで確かめた方が確実です。

医薬品の個人輸入最大手のオオサカ堂はポラリスの購入者レビューが充実していて、各製品500件以上の書き込みがあります。

そこで、ポラリスのかゆみ・かぶれ・湿疹・発疹・炎症などの副作用について関係のありそうなレビューを要約してまとめてみました。

レビューの多くは発毛効果についてですが、ここではポラリスの使用感についてのみピックアップ。なので、少しネガティブなレビューが多くなることをご理解下さいね(*^^*)

あと、5つの製品についてまとめてるので少し長いです。購入を検討している製品の口コミから見ていくのがおすすめです。

NR-07

痒み(かゆみ)もベトベト感もないので毎日使用しても支障ありません。

前は濃度の高いミノキシジルを使っていましたが頭皮に赤みがでたのでNR-07を購入。皮膚に異常もなく髪にコシがでてきました。スプレー式なので使いやすいです。

ポラリスNR-07を使い始めて1週間ぐらいはかゆみがでたのですが、今は問題なしです。

NR-09に比べてサラッとしていて使いやすい。カークランドより痒みもマシです。

ロゲインからNR-07に替えて痒みがなくなりました。使用感も悪くないですね。

漢方薬のような匂いがありますが気にならない程度。かゆみはありません。

肌のかぶれもなく使用感もGood。ロゲインより粘り気のある液体ですね。

頭皮アレルギーがあったので心配でしたがNR-07は問題ありませんでした。

NR-07は独特な匂いがありますが、サッパリしていて痒くならないです。

ポラリスNR-07はミノキシジル5%なので、肌のトラブルを報告をしている人はあまり多くなかったですね。

NR-07はスポイトで塗る育毛剤でなくスプレー式なので使いやすいという方もいました。サラッとしていて使用感も悪くないようです。

同じ濃度のロゲインやカークランドよりも、NR-07はかゆみが少ないというレビューも多いですね。

アゼライク酸やアップルポリフェノール・アデノシンなどの育毛成分が配合されているので少し高価なのですが、ロゲインやカークランドよりは優秀なミノキシジル育毛剤と言って良さそうですね(*^^*)

NR-08

ポラリスは色々試しましたがNR-08が自分には一番合っているようで、痒みも全くありません。全体的に産毛も生えてきました。

慣れるまで少し痒みがありましたが、今は問題ありません。スポイトが使いやすい。

ポラリスNR-08を2年使って一目瞭然の効果。かゆみもありませんね。

NR-11と比べるとサラサラ感はなく多少かゆみがでますが許容範囲内です。

匂いや痒みもなく使いやすい。1日1回でも効果あるのではないでしょうか。

NR-08を使用開始後1年2ヶ月。最初はかぶれたのですが今は大丈夫です。

NR-07よりNR-08の方が痒みが少ないと思います。

ポラリスNR-08はカークランドより頭皮の熱感があり少し刺激が強いかも。その分効果に期待できそうです。

NR-11との併用で効果を実感。若干ベタつきが気になるが痒みなどの副作用はありません。

ロゲインで痒くなっていたのですが、NR-08だと痒くならないようです。

ポラリスNR-08は少し粘度が高くベトつくようですが、かゆみはあまりないようです。NR-07やロゲインより濃度が高い7%のミノキシジル育毛剤にも関わらず、かゆくなりにくいという方もいました。

最初は少しかゆみを感じても慣れてくるみたいですね。匂いもキツくなく付属のスポイトも使いやすいとのこと。

ロゲインやカークランドの効果では物足りない人にNR-08は最適ですね(^^)

NR-09

ロゲインなどでは痒みがでる私ですが、ミノキシジル15%のNR-09は大丈夫でした。

個人差なのかもしれませんが自分は軽いかゆみがでました。NR-09をつけると髪がバリバリになるのでワックスを使わなくてもいい感じです。

夏場につけると痒くなるので量を調節しています。

50代でもポラリスNR-09で生え際が復活してきましたが、毎日使い続けるとかぶれる時がありますね。

自分はNR-09で効果があり、かゆみもなく使用感に問題はないです。

朝NR-09、夜NR-10を使っています。痒みなどの問題もなし。

塗った後少し髪が固まるので整髪料代わりになります。たまにかゆくなりますが特に問題なし。髪も太くなってきましたよ。

NR-11に比べて塗りにくいですが薄毛はだいぶ改善。かぶれなどもありません。

NR-09は改良されて匂いや痒みが抑えられたようです。

ポラリスNR-09はミノキシジル15%なので発毛効果は折り紙付きなのですが、使用感はあまり良くないとのレビューが一部ありました。頭皮のかゆみ・かぶれの報告がNR-07や08と比べて若干多かったです。

また、粘度が高く髪が少し固まってしまいます。ベトつきのおかげでセットしやすいう方もいますが、髪型によっては使いにくいかもしれませんね(´・ω・`)

2016年にNR-09は改良されたようで、かゆみや匂いが軽減したとの報告がありました。

15%もミノキシジルを配合すると、どうしても液体がベトつきやすくなります。より使いくするためにNR-09は徐々に改良されているようですね。

NR-10

現在かぶれなど副作用がないので高評価です。ただ、クリームタイプなので液体タイプより少し塗りにくいですね。

ポラリスNR-10を塗った直後は頭皮に痒みが起こることがありますが許容範囲内です。発赤や湿疹、動悸などの副作用はないので毎日使っています。

4ヶ月目でM字に髪が生えてきました。1日2回だと炎症が起こるので夜のみの使用です。

クリームで塗りやすく太い毛が生えてきました。痒みはほぼなし。

NR-11でかぶれがあったのですが、NR-10は問題ないです。

NR-09は痒みがなかったのですが、NR-10は頭皮が赤くなり痒みもでてきてしまいました。

私の場合はNR-10で痒みや発疹はなく毎日塗っています。すごく使いやすいですよ。

NR-08で頭皮にかぶれがでたのでNR-10に変更。数ヶ月使っても全くかぶれなし。匂いや色移りもないので今後も継続して購入します。

フィンペシアとNR-10を併用して2ヶ月で頭頂部から発毛。痒みや発疹もなく、髪が固まらないクリームタイプで使いやすいです。

NR-10は本当に痒くならなくていいですね。ただ、残量が少なくなった時に掻き出しにくいのが難点。

NR-10はポラリス最高の16%濃度なので、液体ではなくクリームタイプの育毛剤。アルコールフリーのため、かゆみ・かぶれなどの副作用はでにくいとの口コミが多いですね。

ただ、ミノキシジルの量が多いので頭皮に赤みや炎症が起きる方もいるようです。そのような場合は、1日1回の使用にするのがおすすめです。

クリームタイプは案外使いやすく、頭皮から液体が垂れる心配もありません。

ミノキシジルそのものにアレルギー反応がでず、強力な発毛効果のある育毛剤が欲しい方にNR-10はおすすめですね\(^o^)/

NR-11

アレルギー体質の私の場合、ポラリスNR-08よりNR-11の方が痒みが少ないですね。全くない訳ではないですが軽いです。

ロゲインなどは頭皮がすごく痒くなりましたがNR-11は問題なし。

NR-08からの切り替えです。他のポラリスと違い、かゆみ・匂い・ベタつきが少なく頭皮の状態もいい感じです。

NR-08は効果があったものの、痒みと出来物のためNR-11へ変更。確かに痒みも匂いも気にならず生え際に効果があるようです。

使用感はNR-08より良いですね。かゆみもなく髪が固まらない。

ミノキシジル12%でも他のポラリスよりも刺激感が少ないように感じますね。

頭皮の発赤やヒリヒリ感もなく、NR-11で抜け毛が減少しました。頭皮の脂も減り髪にコシがでてきました。体調の変化や頭皮のかぶれもありません。

グリコールのせいかNR-08では痒みがあったのですが、NR-11は大丈夫です。

ロゲインと比較して痒みが少ないですね。液体がサラッとしています。

NR-07よりNR-11の方が刺激感や匂いが少ないです。1ヶ月で前頭部から髪が生えてきました。

NR-09で痒みがでたのでNR-11に切り替え。痒みはこちらの方が少ないです。

NR-10から乗り換えたら痒みが治まりました。スプレータイプなので、頭皮や手がベタつかず使いやすい。

ポラリスNR-11はNR-08からの移行組が多く、ミノキシジル濃度は7%から12%になっているにも関わらず使用感はスゴくいいとの声が多かったです。

NR-11のレビューでかゆみ・かぶれを報告している人は少なかったです。液体もサラッとしていて匂いも気にならないとのこと。

NR-11は効果と使用感のバランスが最も良いミノキシジル育毛剤と言えるかもしれませんね(*^^*)

ポラリスNR-10・NR-11がかゆみ対策にはおすすめ!

ポラリスNR-10・NR-11がかゆみ対策にはおすすめ!

以上、少し長くなりましたがポラリスのかゆみ・かぶれについての口コミまとめでした。

購入者レビューを見た感じでは、ポラリスNR-10とNR-11がミノキシジル濃度も高く使用感も悪くないという印象を受けました。

もちろん、かゆみなどは個人差が大きいので実際に使用してみないと分かりませんが、この2つならひどい副作用は出にくいのではないでしょうか?

ミノキシジル濃度にこだわらないなら、NR-07やNR-08もロゲインやカークランドよりは使いやすいでしょう。

私はNR-09とNR-11を使用したことがありますが、NR-11の方がサラッとしていて頭皮への刺激感も少ないように感じました。

NR-09は液体タイプでもかなりドロっとしてベトつきますが、NR-11はサラサラなので髪型をセットする前につけても気になりません。

ミノキシジル濃度はNR-09の方が高いので効果は強いと思いますが、NR-11にはフィナステリドが配合されています。フィナステリドはプロペシア・フィンペシアの主成分で男性ホルモンを抑制する働きがあるので、3%の濃度差はそこまで大きくないかもしれませんね(^^)

NR-10はクリームタイプなので敬遠していましたが、今回口コミを調べてみて評判が良かったので購入してみようと思います。やはりアルコールフリーは肌に優しいようです。

NR-10はフィナステリドも入っていますし、何と言ってもミノキシジル16%なのでM字ハゲの改善に期待できますね!

まとめ

  1. ポラリスのかゆみ・かぶれの原因は、ミノキシジル濃度と添加物のアルコール成分
  2. Liposphereテクノロジーのおかげで、エタノールやプロピレングリコールの使用は控えめで頭皮に優しい
  3. ポラリスNR-10はアルコールフリーなので特に刺激感が少ない
  4. 高濃度のポラリスなら、NR-09とNR-10が個人的にはおすすめです!

ポラリスを通販最安値で購入したい方はこちらのページを参考にして下さい。
ポラリス(NR07,NR08,NR09,NR10,NR11)の通販価格比較

ポラリス以外のミノキシジルの使用感についてはこちらのページをどうぞ。
ミノキシジルのかゆみ・かぶれの原因と対策法の全て!ロゲインやカークランドは大丈夫?