ケトコナゾール(ketoconazole)

ケトコナゾール化学式

ケトコナゾールの効果

ケトコナゾールは合成抗真菌薬と呼ばれるもので、免疫抑制・不全状態の患者が真菌感染することを予防するために使用されています。

真菌はカビの仲間で、真菌感染によって水虫・いんきんたむし・しらくも・カンジダ症などになります。ケトコナゾールには、その真菌を殺菌する働きがあります。

育毛に関しては、脂漏性皮膚炎やフケ、かゆみを抑える効果があります。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多い頭皮や鼻などにフケや湿疹ができる症状のことです。これが原因で脱毛を引き起こし薄毛になってしまう場合があります。

頭皮が脂漏性皮膚炎になってしまった場合は、ケトコナゾールを配合した内服薬やシャンプーなどで治療します。

市販品のシャンプーなどにも配合されている育毛成分に硝酸ミコナゾールがあります。マラセチアフルフル菌を抑え、フケやかゆみを改善する効果がありますが、ケトコナゾールよりも弱いと言われています。

コラージュフルフルなどがミコナゾール配合で有名なシャンプーですね。

コラージュフルフルには抗菌作用はあるのですが殺菌作用はありません。ひどいフケや脂漏性皮膚炎の場合はケトコナゾールの方が有効だとされています。

ケトコナゾールの副作用

シャンプー・クリーム・ローションなどで使用した場合、副作用は少ないといわれています。しみたり、ヒリヒリしたり、カブれるといった症状がでる場合があります。また、皮膚に赤みや熱を感じることもあります。

ケトコナゾールによる育毛

前述したようにケトコナゾールは育毛にも使用されます。脂漏性皮膚炎が原因の薄毛に効果があるだけではなく、最近の研究では5αリダクターゼを抑える働きがあることも分かってきました。

5αリダクターゼを阻害するということは、プロペシアやフィンペシアのに主成分である「フィナステリド」と同じ働きですので、男性ホルモンに関連した育毛効果もあるといわれています。

ケトコナゾールの育毛商品で人気なのがそれを配合したシャンプーです。「ニゾラールシャンプー」や「ニナゾールシャンプー」という商品が最も有名です。名前が似ていますが、ニゾラールシャンプーのジェネリックがニナゾールシャンプーで値段も少し安くなっています。

ケトコナゾールが1%~2%配合されており、脂漏性皮膚炎やフケ症、ニキビの改善効果があるとされています。皮膚科でもこれらのシャンプーが治療のために処方されます。

セビゾールシャンプー」も同じくケトコナゾール配合シャンプーです。

レヴィタシャンプー」はケトコナゾールに加えて、りんごポリフェノールや銅ペプチドなど注目の育毛成分が配合されています。

ニナゾールシャンプーは病院でも処方してもらえますが、個人輸入代行店でネット通販する方が安く購入でき、診察料がかからない分お得です。

セビゾールやレヴィタは国内では直接販売されていませんので個人輸入する必要があります。個人輸入代行店のオオサカ堂などで注文・購入することができます。

ケトコナゾールシャンプーの効果や副作用についてはこちらのページを参考にして下さいね。

ケトコナゾールシャンプーの育毛効果と副作用まとめ!使い方とおすすめ商品の紹介

ニナゾールシャンプーの詳細をみる
ニナゾールシャンプー