アルファトラジオール(alfatradiol)

アルファトラジオール化学式

アルファトラジオールの効果

アルファトラジオール(αラジオトール)は、男性ホルモンが毛根に働きかけ薄毛にする作用を抑える効果があります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンに5αリダクターゼという物質が作用することでジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。

このDHTが毛根に届くと髪の毛が成長が止まって細くなり薄毛になります。男性の薄毛はこのような仕組みで引き起こされるのですが、女性でも加齢によって女性ホルモンが減少するとDHTが優位となって薄毛になります。

アルファトラジオールの副作用

男性が薄毛治療のために内服するプロペシアやフィンペシアの主成分である「フィナステリド」もDHTを減らす効果がありますが、副作用として性欲減退、抑うつなどがわずかにあります。

しかし、アルファトラジオールはフィナステリドよりも男性ホルモンに与える影響が少ないので、そのような副作用は報告されていないようです。

アルファトラジオールの含まれる育毛剤

パントスチンという育毛剤の主成分がアルファトラジオールです。パントスチンは外用薬ですので頭皮に塗って使用します。

パントスチンは5αリダクターゼを阻害して、DHTの生産を減らす働きをすることで薄毛の進行を抑えます。

強力な抗男性ホルモン効果のあるフィナステリドを女性は使用できないので、副作用の少ないパントスチンを使用することになります。

女性用薄毛クリニックでは、パントガールという女性用サプリメントと一緒に使うことが多いですね。

女性用で効果の高い育毛剤にロゲインなどのミノキシジル育毛剤がありますが、パントスチンの働きとは異なるため併用が可能です。

パントスチンは美容クリニックでも処方される育毛剤ですが、価格が高く(1ヶ月12,000円ほど)継続して使用するのをやめてしまう方もいるようです。

パントスチンは個人輸入だと1/3程度の価格で非常に安く購入できますので、長期間使用する場合はネット通販で購入することをお勧めします。

当サイトでは、パントスチンを安く購入できる通販サイトを紹介していますので、リンク先のページをご確認くださいね。