アデノシン(Adenosine)

アデノシンは資生堂アデノゲンに配合の育毛成分 発毛効果の真相とは?

アデノシン(Adenosine)はDNA・RNAといった核酸の構成成分として私達の体にある物質です。資生堂の育毛剤『アデノゲン』の有効成分として知られ、CMなどでアデノシンのことをご存知の方も多いかと思います。

医薬品指定のリアップ(ミノキシジル)以外の市販の育毛剤は効果がないという意見が多く、アデノシンについて私はあまり良い印象をもっていませんでした。

ところが、詳しく調べてみると育毛効果についてエビデンスがあり、再評価されていることが分かりました。医薬部外品でも甘くみてはいけないのかもしれません。

このページでは、アデノシンの育毛効果について分かりやすく解説しています。また、アデノシン配合のオススメ育毛剤についてもご紹介。

再注目されているアデノシンに興味のある方は参考にしてくださいね(*^^*)

アデノシン配合のオススメ育毛剤はこちら ⇒

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』で評価アップ!

アデノシンが注目されている理由は、日本皮膚科学会による薄毛治療のガイドライン2017年版で評価がアップしたからです。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版(PDFファイル)

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

このガイドラインは2010年に『男性型脱毛症診療ガイドライン』として発表されたのですが、2017年度版ではその内容がアップデートされました。

AGAガイドラインは、薄毛治療に対してエビデンスに基づきA~Dの評価を与えています。

アデノシンは2010年版ではC1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない)だったのですが、2017年版ではB(行うよう勧める)に評価がアップしました。

医薬品として承認されているフィナステリド(プロペシアの有効成分)・ミノキシジル(リアップの有効成分)はAで、アデノシンのBランクはそれに次ぐ評価。医学的に一定の効果が期待できる育毛成分と言えそうです。

「市販の育毛剤はどうせ効果ないでしょ?」と私は思っていたのですが、この評価を見ると薄毛治療の有効な手段と考えてもいいのかもしれません。

アデノシンの育毛効果についてのエビデンス(臨床研究)

AGAガイドラインでのアデノシンの評価が上昇したのは、2010年以降にその育毛効果を裏付ける研究論文がいくつか発表されたからです。研究対象は主にAGAの男性ですが、女性でも薄毛を改善する効果が報告されています。

ここでは、アデノシンの育毛効果のエビデンスとなる臨床研究をいくつか紹介しますね(^^)

男性型脱毛症(AGA)への有効性

まず紹介するのは102名の男性被験者を対象とした研究。資生堂などの研究グループにより2015年に発表されました。

アデノシン0.75%配合のローションを6ヶ月間使用したところ、太髪率(太い毛髪の割合)が増加し、軟毛率(細く弱々しい毛髪の割合)が減少したと報告されています。医薬部外品の育毛剤として認められているニコチン酸アミドよりも薄毛改善率は高かったとのこと。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25925959

アデノシンの育毛効果の写真(資生堂によるアデノシンの臨床試験)
出典:資生堂によるアデノシンの有効性についての研究報告(PDF)

2016年の慶應・帝京大学と資生堂の共同研究でも似た結果が得られています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26508659

イランの大学の研究では、アデノシン0.75%とミノキシジル5%(リアップの有効成分)の効果が比較されました。その結果、なんとAGAの男性に対して同等の有効性が認められたと報告されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24183218

外用では最も有効性が高いとされるミノキシジルと同等の効果というのは信じられませんが、条件によってはアデノシンだけでも発毛させることが可能なのかもしれませんね。

女性型脱毛症(FAGA)にも一定の効果あり

アデノシンは男性だけでなく女性の薄毛についても効果があるようです。

徳島大学が実施した30名の女性を対象とした研究では、アデノシン0.75%ローションの12ヶ月間の使用で軽度以上の薄毛改善率は85%と報告されています。太毛率と成長期の髪の伸長率も有意に増加したとのことです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19239555

女性への育毛効果についてはエビデンスが少ないためか、日本皮膚科学会のガイドラインではアデノシンの評価に男女差があります。

男性がB(行うよう勧める)なのに対して、女性はC1(行ってもよい)という評価になっています。

もっと症例研究が増えれば、次回のガイドライン改訂では女性におけるアデノシンの評価がアップしているかもしれませんね。

アデノシンはリアップ(ミノキシジル)と同等の効果が本当にある?

アデノシンとリアップ(ミノキシジル)の効果の比較

先ほど紹介したイランの研究では、アデノシンはミノキシジルと同等の効果があると報告されていました。この研究結果によるとアデノシンには強力な発毛効果があるように感じますが、実際はミノキシジルの方が上だと思われます。

リアップやロゲインの有効成分であるミノキシジルは、世界90ヶ国以上で承認されている発毛成分。膨大な数の臨床試験が実施され、その発毛効果が医学的に立証されています。

アデノシンはまだ数例の臨床試験で良好な結果が得られているだけですし、その研究はほとんどが日本のもの。しかも、アデノシン配合の育毛剤を販売している資生堂が関係している研究が多いです。

海外での研究が進んでアデノシンの有効性が広く認められなければ、ミノキシジルと同等の効果があるとは言えないのでしょうか。

アデノシンは副作用が非常に少ないとされているので、今後の研究に期待ですね。

アデノシンの作用機序 ~FGF-7の産生を促進~

アデノシンには次の3つの育毛効果があるとされています。

  1. 発毛促進因子FGF-7の産生により発毛促進
  2. 成長期を延ばし、髪を太く育てる
  3. 血行促進効果により毛根に栄養を届ける

FGF-7とは成長因子(Growth factor)という内因性タンパク質の一種。アデノシンは成長因子の産生促進によって薄毛を改善し、頭皮の血行改善効果もあるということです。

ミノキシジルは血行促進効果に加え、VEGF(血管内皮増殖因子)やKGF(角化細胞増殖因子)などの成長因子の産生促進作用があるとされているので、アデノシンはミノキシジルに類似した作用機序をもつと言っていいかもしれません。

大きな違いは、働きかける成長因子の違いですね。

アデノシンが作用するFGF-7という成長因子は、ケラチノサイト増殖因子(KGF)とも呼ばれるもの。成長期の毛乳頭細胞から産生され、毛母細胞に働きかけることから発毛促進に関わるとされています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7604876

徳島大学と資生堂の共同研究によると、AGAの男性の薄毛部分にある毛乳頭細胞ではFGF-7遺伝子の発現量が半分ほどに減少しているとのこと。

そして、アデノシンは毛乳頭細胞のA2b受容体を刺激してFGF-7の産生を促進する作用があることも明らかにされています。

ヒト毛乳頭細胞におけるアデノシンの線維芽細胞増殖因子-7亢進作用はcAMPを介する

アデノシン(FGF-7)による発毛効果の作用機序

以上のように、アデノシンは発毛促進因子FGF-7によって薄毛を改善する効果があると考えられています。臨床成績だけでなく、生化学的な裏付けもあるので、割りと納得して使える育毛成分だと思います(*^^*)

副作用について

爆毛根の副作用とは?

アデノシンは医薬部外品指定の成分のため大きな副作用はないようです。

資生堂のアデノゲンの商品情報には、「頭皮に異常が生じていないか注意して使用して下さい」と記載されているだけです。

アデノシンの注射剤は心臓疾患診断のための医薬品として製造されており、添付文書には副作用についての記載があります。

重大な副作用として、心臓機能の異常・血圧低下・呼吸障害などが報告されています。

外用の育毛剤として使用する場合は大きな副作用はないと思われますが、心臓や血圧に障害のある方は使用前に医師・薬剤師に相談した方が安心かもしれませんね。

アデノシン負荷用静注60mgシリンジ「FRI」添付文書

アデノシンが含まれる食べ物は?

アデノシンは私達の体に広く存在しているだけでなく、食品から摂取することも可能です。香川県産業技術センターの研究報告から濃度の高い食品をまとめてみました。

食品に含まれるアデノシンの量(100g当たりのmg数)
食品名 アデノシン濃度
ほうれん草 228.0
白菜 176.5
パセリ 168.0
トマト 136.5
かぶ 113.8
ピーマン 95.1
かぼちゃ 90.6
レタス 60.7
なめこ 201.0
しめじ 177.0
しいたけ 111.8
エリンギ 95.8
まいたけ 94.9
えのき 70.9
大豆 83.8
黒大豆 81.1
小豆 65.1

野菜では、ほうれん草・白菜・パセリ・トマトにアデノシンは多く含まれています。キノコ類では、なめこ・しめじ・しいたけも豊富に含まれていますね。また、大豆からもアデノシンを摂ることができます。

アデノシン配合のサプリメントはほとんどないので、育毛剤でなく直接体内に取り入れたい方はこれらの食品を食べるようにして下さい。

アデノシン配合の育毛剤のオススメは『フォリックス(Follics)』

日本製のアデノシン配合の育毛剤には資生堂の『アデノゲン』がありますが、個人的にはあまりオススメではありません。アデノシンには一定の”育毛効果”が報告されていますが、”発毛効果”までは期待できないと思われます。

資生堂アデノゲン

日本で唯一”発毛成分”として認められているミノキシジルと比較すると効果は劣るはず。

ごく初期の薄毛ならアデノシンだけでも改善が見込めるかもしれませんが、生え際の後退やM字ハゲを回復させるほどの効果はないでしょう。

世界各国で承認され、外用育毛剤として10年以上の実績のあるミノキシジルの方が効果は上だと思います。

そこで、私がオススメするのはミノキシジルにアデノシンを追加配合した育毛剤。

アメリカ製のフォリックス(Follics)という育毛剤には、そのどちらも配合されています。

フォリックスの公式サイトに掲載の商品ラインナップ

フォリックスにはミノキシジル2%~16%の6種類の製品があり、いずれにもアデノシンが配合されています。ミノキシジル15%配合のフォリックスFR15ローションや、16%のフォリックスFR16クリームは生え際やM字ハゲにも効果があると評判です。

私は両方とも使ったことがありますが、低刺激で頭皮の痒みが起きにくく非常に使いやすいです(^^)

フォリックスFR15とフォリックスFR16のレビュー

フォリックスには、女性が使えるミノキシジル2%のフォリックスFR02もあります。

男性と比べて女性は薄毛治療の選択肢が少ないので、ミノキシジル&アデノシン配合のフォリックスFR02はベストな選択肢の内の一つだと思います。

フォリックスにはアデノシン以外にもアゼライク酸プロシアニジンB2プロキャピルなどの育毛成分も配合されています。成分的には最強の育毛剤なので、アデノシンに興味のある方は是非検討してみて下さいね(^o^)/

私はフォリックスをこちらのサイトで購入しています。購入方法については下記ページを参考にして下さい。

フォリックス育毛剤の通販価格比較&激安購入【FR15/FR16/FR12/FR05/FR07/FR02】

アデノシン育毛剤の口コミ評判は?

資生堂のアデノゲンの口コミを調べると、Amazonでは5点満点中3.5点の評価。まずまずの評価といったところでしょうか。

ただ、レビューの内容を見ると使用感についての感想が多く、劇的な効果を報告している人は少数でした。

Amazonでのアデノゲンについての口コミレビュー

その一方、先ほど紹介したフォリックスという育毛剤には発毛効果があったとの口コミがたくさんあります。

オオサカ堂というフォリックスを販売している通販サイトでは、一番人気のフォリックスFR15に数百件ものレビューが投稿されています。5点満点中4.5点と非常に高評価で、改善が最も難しいとされる生え際への発毛効果を報告している人もいます。

やはりアデノシンだけでは明確な効果は期待しづらく、ミノキシジルと一緒に使った方が効果が発揮されやすいのかもしれませんね。

本格的に薄毛治療をするならアデノシンだけでは難しいと思いますが、医学的には評価されている成分です。発毛成分ミノキシジルと組み合わせることで、薄毛をより一層改善してくれることでしょう(´∀`)b!

オオサカ堂の口コミはこちらをチェック! ⇒

まとめ

  1. 日本皮膚科学会のガイドライン2017年版でB評価となり注目の成分
  2. アデノシンは発毛促進因子FGF-7の産生を促進し、毛髪を太くする効果が確認されている
  3. 男性だけでなく女性にも有効性が報告
  4. ミノキシジルと同等の効果があるとの研究があるが、実際はそこまでの効果はないはず
  5. 個人的なオススメは、ミノキシジルとアデノシンの両方配合されたフォリックスという育毛剤
  6. フォリックスはネットの口コミでの評価が高く、成分的には最強と言われている