育毛成分まとめ

育毛剤・薄毛治療薬の成分について分かりやすく解説しています。

フィナステリド・デュタステリドの概要

フィナステリドはプロペシア・フィンペシアなどの錠剤として飲むタイプの薄毛治療薬に配合されている成分です。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換され毛根に作用することによって引き起こされます。

5αリダクターゼという酵素の働きによってテストステロンはDHTに変換されます。この5αリダクターゼの働きを抑制するのがフィナステリドです。

フィナステリドを服用することによって頭皮のDHTの量を減らし、髪の毛が抜けるのを防ぐことができるわけですね。

デュタステリドはフィナステリドの強化版と考えれば良いでしょう。

5αリダクターゼにはI型とII型というものがあります。フィナステリドはII型だけの働きを抑えるのに対し、デュタステリドはI型・II型両方の働きを抑制します。

最近の研究結果でも、デュタステリドの方がフィナステリドよりも強い育毛効果があることが発表されました。

デュタステリド配合の薬として、ザガーロが国内でも販売されています。

個人輸入では海外製の安いデュタステリドを購入でき、デュタス・デュプロスト・ベルトリド・アボダートなどが人気です。

ミノキシジルの概要

ミノキシジルは医学的に発毛効果が認められた育毛成分です。

国内の育毛剤では、リアップ(リアップX5)に配合されていることで有名ですね。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、頭皮に血液や栄養をしっかりと届くようにする効果があります。植物に水をやらないと枯れてしまうように、髪の毛も栄養が届かないと細くなって薄毛になってしまいます。

ミノキシジルは頭皮の血行・血流を改善して髪に栄養が届ける働きをしてくれというわけですね。

また、ミノキシジルには成長因子(グロースファクター)を増やす効果もあることが最近の研究で分かってきました。

成長因子は細胞分裂を活性化させるタンパク質で、直接頭皮に注射するHARG療法などにも使われています。

その他の育毛剤成分の概要

アゼライク酸は5αリダクターゼI型を抑制する働きがあるとされ、フィナステリドやデュタステリドのようにDHTを減らす効果が期待できます。

銅ペプチドアルファトラジオールもDHTを減らす効果があると報告されている成分です。スピロノラクトンにも抗男性ホルモン作用があります。

りんごポリフェノール(アップルポリフェノール)はミノキシジル濃度2%の育毛剤と同様の効果があるとする実験結果があることから、育毛剤の成分としても最近使われるようになりました。

ミノキシジル育毛剤のポラリスは、これらの新成分に注目して、ミノキシジルにアゼライク酸やりんごポリフェノールを配合した育毛剤を販売しています。ポラリスには15%濃度以上の製品もあり、生え際・M字への効果を期待して使用する人が多いです。

アストレシンBはストレスホルモンを抑える働きがあり、投与することでマウスの薄毛が改善することが報告されています。

ケトコナゾールは、マラセチアという真菌(カビ)の繁殖を抑える成分です。頭皮に真菌が増殖すると、フケやかゆみ、脂漏性皮膚炎を引き起こします。ケトコナゾールには殺菌作用があり、皮膚科でもよく処方される薬です。

ニゾラールシャンプーにはこのケトコナゾールが配合されており、フケがなくなると評判です。

パントテン酸カルシウムは、パントガールやルグゼバイブといった女性用育毛サプリメントに配合されている成分です。女性用の薄毛治療は手段が少ないのですが、パントガールなどには一定の効果があるので病院やクリニックでも処方されます。

キノリンイエローとは、フィンペシアというプロペシアジェネリックに以前つかわれていた着色料です。

キノリンイエローには発がん性があり、日本では使用が制限されています。インドでは規制されていないようで、2014年ごろまでフィンペシアにはキノリンイエローが使用されていました。

現在販売されている新タイプのフィンペシアにはキノリンイエローが含まれておらず、安全性の高いフィナステリドとして個人輸入通販サイトでも人気です。