プロペシアの個人輸入価格比較

当サイトはプロペシア等の通販価格比較サイト

当サイトでは、成人男性の薄毛治療に有効なプロペシア(フィンペシア)ミノキシジルを個人輸入で安く購入できる価格比較の情報を掲載しています。

個人輸入とは、代行業者を通して海外で販売されている医薬品や育毛剤を通販で購入することです。

「飲む育毛剤」のプロペシアは病院で処方してもらうことができますが、健康保険の適用外で薬の値段が非常に高くなってしまうことや、薄毛のために通院することのわずらわしさから最近はインターネット通販での購入が人気です。

海外製プロペシアや、ジェネリック医薬品のフィンペシア、ロゲインやポラリスなどのミノキシジル育毛剤は個人輸入で購入するのが一般的になってきました。

検索すればすぐに分かりますが、個人輸入代行のネットショップは多数あり、価格や送料などのサービスも様々です。

当サイトでは安く育毛剤を購入できるように、通販サイトごとの商品価格やサービスをまとめて比較できるようにしています。

ドル円の為替相場によって育毛剤の個人輸入の価格は変わりますので、できるだけ安い時に購入するのがおすすめです。

価格情報の更新は毎日行なっていますので、育毛剤を購入の際は当サイトを参考にして頂ければ幸いです。

海外の育毛剤の個人輸入を検討されている男性にとって有益なサイトとなるよう運営努力していきますので宜しくお願いします。

通販サイトで購入できる主な育毛剤の値段の比較については次のページからどうぞ!
プロペシアの価格
フィンペシアの価格
ロゲインの価格
ポラリスの価格
デュタスの価格

プロペシアの価格・費用ってどれくらい?

プロペシアを個人輸入するとどれくらいお得なのでしょうか?

個人輸入通販サイトと薄毛治療のクリニック(病院)のプロペシアの値段を比較したので参考にしてくださいね。

個人輸入サイトはネットで一番有名なオオサカ堂。比較対象は大手・チェーン展開しているクリニックや病院です。

プロペシアの価格比較表(個人輸入・病院)
通販サイト・病院 価格(1ヶ月分) 送料・診察料 合計
オオサカ堂 4,119円 0円 4,119円
表参道スキンクリニック 6,000円 3,000円 9,000円
東京AGAクリニック(銀クリAGA) 7,000円 3,000円 10,000円
銀座総合美容クリニック 7,020円 3,240円 10,260円
ヘアメディカル 6,500円 5,000円 11,500円
AGAスキンクリニック 7,000円 5,000円 12,000円

オオサカ堂の価格はオーストラリア製のプロペシアです。送料無料なので商品代金のみになります。

病院は初診料・診察料がかかるので合計金額も記載しています。

表をみると一目瞭然ですね。

オオサカ堂は一月4,000円ほどなのに対して、病院は10,000円前後です。

病院は初回診療時に血液検査(5,000円以上)やメソセラピーを勧めてくるのでさらに費用がかかる場合があります。ミノキシジルや育毛サプリメントなども購入する必要があるかもしれません。

病院では専門医の診察を受診でき安心できるというメリットがありますが、価格だけなら個人輸入通販の方が圧倒的にお得ですね。

プロペシアのジェネリック医薬品には「ファイザー」「サワイ」「クラシエ」などがありますが、フィンペシアなどを個人輸入した方が安いです(1/5以下の値段)。

プロペシアジェネリックのフィナステリド薬の価格については、次のページで比較しています。
プロペシアジェネリックの通販価格比較まとめ(フィナステリド)

何故、個人輸入する必要があるのか

以上のように、プロペシアの価格は個人輸入が最安値だということが分かったかと思います。

薄毛治療に効果的なミノキシジル育毛剤も海外製品の方が安く購入できます。

国内で唯一のミノキシジル育毛剤リアップX5は7,500円以上しますが、個人輸入のロゲインやカークランドなら2,000円~3,000円で個人輸入できます。

ここでは、プロペシアとミノキシジルが薄毛治療にいかに有効で、なぜ個人輸入をする必要があるかを解説しています。

プロペシアとミノキシジルはAGA治療に必要不可欠な理由

男性の薄毛のことを医学的にはAGAといいます。

2010年4月に発表された日本皮膚科学会のAGA治療のガイドラインによりますと、プロペシアとミノキシジル製品が5段階評価の中でAを獲得し、現在のところ医学的に最も推奨される治療法だとされました。

  評価 治療方法
A 強く勧められる フィナステリドの内服(製品名:プロペシア、フィンペシアなど)、ミノキシジルの外用(製品名:リアップ、ロゲインなど)
B 勧められる 自毛植毛
C1 考慮してもよいが、十分な根拠がない 育毛剤成分(t-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンタデカン、ケタコナール)
C2 根拠がないので勧められない セファランチン(飲み薬の1種)
D 行われないよう勧められる 人工毛植毛

フィナステリドとは、プロペシアの主成分で抜け毛を防ぐ効果があり、内服とは錠剤として飲むことです。

ミノキシジルはリアップなどに含まれる主成分で発毛促進効果があるとされています。外用とは、従来のような育毛剤として頭皮に塗ることです。

ちなみに、評価C1には薬局で買えるサクセスやバイタルチャージなどがあり、専門家からみた効果は残念ながらさほど無いようです。当サイトの管理人も以前使用していた育毛剤が含まれているので、この発表を知ったときはブルーになりました。

このガイドラインをみると、現代の薄毛治療・予防にはプロペシアとミノキシジルは必要不可欠なようです。

長期的にみると個人輸入がベスト

プロペシアは長期間にわたって使用しなければならなく、使うのをやめてしまうと効果が無くなってしまいます。

ミノキシジル育毛剤も同様です。

そのため、できるだけ経済的負担を少なく育毛するにはこれらの製品を安く購入しなければなりません。ネット通販で個人輸入という手を使えば驚くほど安くプロペシアやミノキシジルを購入できます。

海外製プロペシアなら月5,000円以下ですし、ジェネリック医薬品であるフィンペシアならば月900円程度で買えます。

病院でプロペシアを処方してもらうと1ヶ月9,000円~12,000円ほどかかりますので、個人輸入だと病院に支払う1ヶ月分の料金でなんと約1年分の薬を購入できます。

1年で5万円~10万円も節約できると家計には本当に助かりますよね。

個人輸入での購入方法は簡単で、楽天やAmazonと同じと考えてもらって問題ありません。

当サイトでは個人輸入代行店の価格を比較し、できるだけ安く買える店をみつけ、快適な育毛ライフのお手伝いをいたします。

次のページでは医薬品の個人輸入の方法について解説をしています。